ブロックチェーン

スカイハッシュの提供する世界最高の次世代マイニングプラットフォーム「SKY-NET」とは?

以前、東京で行なわれたミートアップに参加した、いくつかのプロジェクトを本ブログにてご紹介したことがある。そのうちの1つ、「SKYHASH(スカイハッシュ)」がマレーシアのクアラルンプールで行なわれたブロックチェーンサミットにも参加しており注目を集めていたのは別の記事でとりあげていた。

この他、多くのサミットで目にする機会が増えてきたので、今回は「SKYHASH」の提供する「次世代マイニングプラットフォーム」について、詳しく紹介していこうと思う。


展示ブースで注目を集める「SKYHASH」

『SKYHASHのプロジェクトを超簡単に説明』

・誰でも簡単に世界最高峰のマイニング報酬を受け取ることができる

(最も効率が良いとされるASICと比較して2倍以上)

・サイクル化された収益モデル(リワードサイクル)から安定的なマイニング報酬を得ることができる

・既に250種類以上の通貨のアルゴリズムを解析できる

 

SKY-HASHへの参加はこちら


ではSKYHASHのプロジェクトを詳しく紹介して行こう。

まず、マイニングは暗号資産を得る手段としては非常に有効である。そのため多くの事業者が存在するとともに、専用機器も改良が繰り返されている。 一方でマイニング事業者にとって、またマイニング業界への参入を検討するにあたり多くの課題が存在する。

『マイニング業界の抱える課題』
・電気料金が高く、採算が合わない
・マシンの寿命が短い
・旧型は最新機種と争えない

『新規参入上の課題』
・機器の選択、アルゴリズム、運用ノウハウを理解するのが困難
・設備投資にコストがかかる

これらの問題を全て解決するのが「SKY-NET」である。

SKY-NETは最高効率のマイニングを実現できるほか、専門知識を身につける必要がなく、誰でも簡単にマイニング市場へ参加することが可能となる。

SKY-NETのエンジンにあたるSKY-Hiveを中心に、ハッシュレートの最大化、マシンの一括管理、AIによる市場予測など先端の技術を集約し、現在最も採掘効率の高いETH専用のASIC「AntminerE3」と比較しても2倍以上の報酬を得ることが可能となる。

SKYHASHとは

SKYHASHはこれまでに無いマイニングプラットフォーム「SKY-NET」の開発・提供を行うプロジェクトである。

SKY-NETは、誰でも簡単に世界最高峰のマイニング報酬を受け取ることができるとともに、サイクル化された収益モデル(リワードサイクル)から安定的なマイニング報酬を得ることも実現する。

「次世代マイニングのスタンダードを創造すること」 がSKYHASHが担うプロジェクトとしての役割と言える。

技術的優位性

SKYHASHは元々、マイニングの設計技術や安定運用、インフラ管理のノウハウは世界トップレベルにあった。 これらの実績と熱心な開発から、後述する「SKY-Hive」を中心とした4つの要素から成るSKY-NETを開発した。 尚、SKY-Hiveに組み込まれる技術は、国際特許も取得している。 また、300種類以上ある通貨に適用させるため日々解析を行っており、既に約250種類のアルゴリズムの解析が完了している。

SKYHASHの公式サイト・SNS一覧

SKYHASH公式サイト
SKYHASH ICO公式サイト
ホワイトペーパー(日本語)
公式Discord
公式Twitter
公式Telegram
公式GitHub


SKYHASHのミートアップ開催日などはSNSを通じて知ることができる
 
SKY-HASHへの参加はこちら

SKY-NETとは

SKY-NETは世界最高峰のハッシュレートを生み出すマイニングプラットフォームと投資サイクルフローで、より高い報酬を生み出すソリューション。

ユーザーはマイニングリグのセットアップや最適化に関する高度な知識や経験がなくても最も採掘効率の高いマイニングをすることができる。また、マイニングで得た通貨をそのまま再投資、即時交換が可能で、暗号資産投資、P2P交換、マイニングトレードなどSKY-NET環境内でワンストップでサービスを利用できる仕組み。

マイニング業界におけるSKY-NETのポジション


SKY-NETはマイニングプラットフォームとしてマイニング業界で独自のポジションに存在している。

様々なマイニングマシンが世界中で開発されているが、SKY-NETのようにマイニングをするだけではなく収益が上がるシステムを提供しているものは世界中どこにもないだろう。

また、現存する全てのハードウェアに対応可能で、ハードフォークなどで行われるアルゴリズムの変更にも対応することでユーザーはマシンを買い換えることなく長期的な運用が可能になる。

Optimizeシステムにより「高効率且つ省電力化」することで、無駄な開発競争に巻き込まれることなくユーザーへ収益性と利便性を提供する。 これらは、SKY-NETを構成する4つの要素(コンポーネント)によって可能となる。

SKY-NETを構成する4つの要素(コンポーネント)

【1】SKY-Hive

SKY-Hiveは、SKY-NETプラットフォームのエンジンとも言える最大の特徴であり、以下3つの要素で構成されている。

【SKY-Hiveの3つの要素】
最高効率のハッシュレート「DTS-Optimizer」
・センターサーバーによるマシンコントロール 「O2W」
・AIによる市場環境モニタリング 「O2W-AI」

【2】SKY-Host/SKY-Cloud

SKY-Host及びSKY-Cloudはマイニング利益を最大化するために電力料金を最小化するとともに、ユーザーのマシンを完全保守する仕組み。

【3】SKY-Lending

貸し手と借り手をマッチングさせるシステムにより、マイニングによって得た報酬に利子をつけて貸し出す(レンディング)が可能となる。

【4】SKY-DEX

SKY-DEXは、マイニングで得た通貨を他の通貨に交換できるプラットフォーム。
【1】のSKYHiveのO2W-AIによって今後値上がりしそうな通貨を把握できるため、交換先として良さそうな通貨を見つけやすく、効率の高い資産運用が可能となる。

SKY-Hiveにフォーカス


SKY-Hiveは、複数の最適化手法による最高峰のハッシュレートと、これらの最適化されたマイニングウェアをユーザーに提供する。

また、管理・コントロールシステムの「Orchestration of Optimization Workflow(O2W)」、マイニング効率を上げる革命的な最適化技術「Optimization(DTS-Optimizer)」、さらに「AI(O2W-AI)」を統合することで、専門的な知識がなくてもすべてのユーザーが最も効率的にマイニング可能な環境を提供してくれる。

機能(1) DTS-Optimizer 『最高効率のハッシュレート』

本来マイニングを行うためには、マイニングする通貨に合わせてマシンをプログラミングするため専門的な知識が必要になる。

DTS-Optimizerとは、マイナーが保有するマイニングマシンを自動で最適化するシステムのこと。ハッシュレート効率の向上と電気料金の低減、マシンへの負担を軽減し採掘量を大幅に向上させるSKYHASH独自の技術だ。既存のマシンへの対応が可能で、収益改善を図ることができるようになる。

DTS-Optimizerを使用した時のハッシュレート値

※使用GPU:MSI Radeon RX470 Miner 4G(AMD製)

GPUの性能をマイニング用に最適化することでハッシュレート向上と消費電力削減を実現、それにより現在のチューニングと比べると利益が約3.5倍になり、現在最も採掘効率の高いETH専用のASIC「AntminerE3」と比較しても2倍以上の報酬を得ることが可能となる。


オプティマイズ後の動画


※使用GPU:MSI Radeon RX470 Miner 4G(AMD製)

機能(2) O2W 『センターサーバーによるマシンコントロール』


アルゴリズムの切り替えにより、常に最も収益性の高いコインを採掘できる。

ユーザーは通貨ごとの煩雑な設定を手動ですることなく様々な通貨に即座にスイッチしてマイニングすることが可能で、O2Wはマシンを100%稼働させるために複数の監視システムと制御システムを使用して、スマート UI/UXと詳細なステータスを含む複数のサービスを安定して提供する。

各マシンの状態監視機能も提供しており、GPUの温度、マザーボードなどの環境要因や過熱によるハッシュレートの低下などを収集し、ユーザーに提供することでダウンタイムを防ぐ。これらの機能によりユーザーは管理コストを削減、マシン停止などによる機会損失を減らすことで収益を最大化することができる。

機能(3) O2W-AI『AIによる市場環境モニタリング』


ディープニューラルネットワークで組むAIのアルゴリズムを使い、24時間後にマイニング報酬が上昇するコインを判定してユーザーへ提供する仕組み。これは世界中のSKY-NETユーザーの行動や思考、コインの価格やディフィカリティ、ネットワークハッシュレートなどをAIが収集して継続検証することでより精度の高い情報になって行く。

それによりSKY-NETユーザーは最も収益性の高いマイニングコインの情報をO2W-AIから事前に手に入れることができるのだ。また、そのデータを一般のユーザーにも提供することで「通貨間」アービトラージなどの投資活動をSKY-NET環境内で行うことができる。

SKY-Hiveを利用するユーザーメリット

SKY-Hive最大のメリットはSKY-NET内で効率的にマイニングから資産運用まで全てが行える ことだ。

マイニングで高い収益を得るためには「マイニングの知識と「トレードの知識」「相場の正しい見立て」が必要になるが、それぞれの専門的なスキルと知識を備えるのは難しい。

SKY-Hiveでは誰でもプロ同様のマイニングコインの選定やトレードが可能になり、高い報酬を得ることができる。また、相場変動による資産価値の変動リスクも事前に情報を得ることで回避することが可能になり、非ユーザーに比べて年間約10%の資産を増やすことも可能となる。

上記はSKY-Hiveを使用した場合の3ヶ月ごとのシミュレーショングラフ。

O2W-AIが報告する通貨をマイニングし、それをさらに再投資することで、およそ1年間で見た場合には報酬が約8.8%増加する計算となる。

SKYHASHを構成する3つのコイン

SKYCoin

・シンボル:SKY
・総発行枚数:60,000,000枚
・ICOでの販売枚数:30,000,000枚
・価格:1SKY=1EUR
・対応通貨:BTC・ETH
・発行アルゴリズム:ERC223・ERC777
・最低調達額:20,000ETH
・最大調達額:300,000ETH

SKYcoin(SKY)は、SKYHASHによってICOを介して公開されるユーティリティトークンである。SKYcoinは、インセンティブなどの目的で、SKY-NETユーザー間のSKY-NETエコシステム内での使用を目的としている。SKYの最大供給量は6,000万枚で、そのうち50%はICO時に流通させるものとする。 SKYホルダーは、RIGcoinのプレマイニング権を保有し、プレマイニングを通じて同価値のRIGcoinを受け取ることができる。

RIGCoin


RIGcoinはSKY-NETユーザーから支えられることにより安定したネットワークを持つ分散化された流動性の高いコイン。RIGcoinはマイニングから発行される。SKYcoinホルダーは、RIGcoinのマイニング開始約6か月前にあるプレマイニング期間に参加できる。RIGcoinはSKY-NET環境内で使う事ができるコインだ。

SKYCoin2


SKYcoin2はオリジナルブロックチェーンを利用したトークンであり、SKYcoinとRIGcoinを合わせた最終形態で、2021年にSKYcoinに2つのコインがマージされる予定。

SKYcoin2はマイニング可能な暗号資産であり、初めはERC918を採用するが、その後はオリジナルブロックチェーンに移行する予定。SKYCoin ERC223トークンとERC918 RIGCoinをマージした後、元のブロックチェーン SKYCoin2が生成される。

これは、2020年にSHA-256ハッシングアルゴリズムを使用するProof of Work (PoW)コンセンサスアルゴリズムを持つことになる。

SKYHASHのチームメンバー


SKYHASHのチームメンバーはマイニング事業に対する高いノウハウに加え、プログラミング、コンサルティング、金融など様々な分野でハイレベルなスキルを持つメンバーで構成されている。

大手ファームやメーカーなど独自のネットワークから、市場の動向に合わせて対策でき、世界でも真似できない「DTS-Optimizer」という特許技術を使った最高レベルのマイニング収益を提供するチーム。
 

メンバーには自律分散システムの世界的権威であるDr.高橋(写真左から4番目)も参画しており、世界最高峰のマイニング効率アップを実現している。

SKYHASHの展望

2018年の市場レポートによると、マイニング市場の価値は約60億ドル(約6,480億円)と報告されている。最近の市場回復や、大手参入等による暗号資産市場の拡大に比例して、マイニング市場も拡大していくものと考えられる。

マイニング市場が拡大していく中で、SKYHASHの最大の目標は「新たな市場の創造」である。

PoW(Proof of Work)の暗号資産にとって非常に重要なのは、チェーンを維持してくれるマイナーである。ハッシュレートが低いと51%攻撃の対象となり安定したネットワークを維持することができない。SKYHASHは、利便性、効率、収益を最大限に高めたソリューション「SKY-NET」を提供することで、一般ユーザーとマイナーの支持を獲得していく。

2020年1月3日、イーサリアムがPoS(Proof of Stake)に切り替わろうとしている。これが実行されると、必然的にイーサリアムの2兆円に及ぶ市場をマイニングしていたマイナーたちが浮遊することになる。浮遊するマイナーたちに、最高のマイニング環境を提供することでユーザーを得ることは、SKYHASHがマイニング市場でシェアを獲得するための重要なポイントになることは間違いない。

既にAntminerE3(現在最も高い採掘効率を誇るETH専用ASIC)の2倍以上の報酬を得る技術を有し、誰もが容易にマイニングへ参加出来る仕組みも構築するなど、圧倒的なユーザーメリットが、様々な変化と拡がりを予見させるマイニング市場において、存在感を発揮するのは、想像に難くないのではないだろうか。

SKY-HASHへの参加はこちら

関連記事

  1. フィンテック

    楽天 三木谷氏×MIT – 伊藤氏 「Fintech革命に日本が取り残されないために」

    9月28日、東京で開催された楽天フィンテック カンファレンス2016で…

  2. ブロックチェーン

    Blockchain The Future #1 が開催

    2019年4月22日、「Blockchain The Future #…

  3. ブロックチェーン

    山陰合同銀行、社員食堂で仮想通貨支払い

    「ごうぎん」の愛称で親しまれる山陰合同銀行は10日、仮想通貨の基盤技術…

  4. ブロックチェーン

    スウェーデン政府、3月にブロックチェーン土地登記実証実験

    スウェーデン政府が今年3月、ブロックチェーンを利用した土地登記の実証実…

  5. フィンテック

    iPhone次期バージョンがFeliCaに対応、17年からApple Payを開始へ

    米アップルはソニー子会社と組み、来年中に日本でスマートフォン(スマホ)…

過去記事

新着記事

PAGE TOP