仮想通貨全般/経済

ビットポイントがハッキング被害、35億円相当の仮想通貨が不正流出

株式会社リミックスポイントは12日、子会社である仮想通貨取引所のビットポイントジャパン(東京・港区)が運営する「BITPoint(ビットポイント)」にて、仮想通貨の不正流出があったことを発表した。

ビットポイントは午前6時30分から送金、受金のサービスを停止、全てのサービスを同日10時30分から停止しており、サービス再開の目処はまだ発表されていない。

不正流出は恐らくハッキングに寄るものと見られている。

今回の不正に流出したのは、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルの5銘柄。流出額はおおよそで35億円と想定。

コールドウォレットで管理している仮想通貨や法定通貨については、流出は確認されていない。

下記は主な仮想通貨取引所での不正流出被害額一覧。

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ECBドラギ総裁「欧銀行はビットコインを保有する可能性もある」

    欧州中央銀行(ECB)のマリオ・ドラギ総裁は、「ヨーロッパの銀行がビッ…

  2. 仮想通貨全般/経済

    モスクワ証券取引所が仮想通貨の取引を計画中

    モスクワ証券取引所は仮想通貨の取引をまもなく開始する見通しだということ…

  3. 仮想通貨全般/経済

    米著名投資家ミラー氏、ビットコインにポジティブな見解

    現時点では仮想通貨エコシステムについて良くも悪くも様々な意見が飛び交っ…

  4. ビットコイン(BTC)

    SECがウィンクルボスの申請したETFを却下。ビットコイン価格が8000ドルを割り込む。

    米証券取引委員会(SEC)は26日、ビットコインETFを証券取引所に上…

  5. 仮想通貨全般/経済

    バイナンス、英国と欧州からの資金流入をターゲットに

    取引量が益々拡大する世界最大級の仮想通貨取引所、バイナンス(Binan…

過去記事

新着記事

PAGE TOP