仮想通貨全般/経済

ビットポイントがハッキング被害、35億円相当の仮想通貨が不正流出

株式会社リミックスポイントは12日、子会社である仮想通貨取引所のビットポイントジャパン(東京・港区)が運営する「BITPoint(ビットポイント)」にて、仮想通貨の不正流出があったことを発表した。

ビットポイントは午前6時30分から送金、受金のサービスを停止、全てのサービスを同日10時30分から停止しており、サービス再開の目処はまだ発表されていない。

不正流出は恐らくハッキングに寄るものと見られている。

今回の不正に流出したのは、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルの5銘柄。流出額はおおよそで35億円と想定。

コールドウォレットで管理している仮想通貨や法定通貨については、流出は確認されていない。

下記は主な仮想通貨取引所での不正流出被害額一覧。

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    ロシアのホテル、ワールドカップ観戦宿泊者のビットコイン支払い受け入れ

    まもなく6月に迫ったロシアワールドカップ。観戦に訪れるサッカーファンは…

  2. 仮想通貨全般/経済

    オフラインでビットコイン取引ができる「goTenna」

    もしジェームズ・ボンドがジャングルでの任務遂行中にビットコインを使用す…

  3. イーサリアム(ETH)

    イーサリアム創設者ヴィタリック「ETFよりも仮想通貨の利用が大事」

    イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏による最近のツイ…

  4. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨関連法4月1日に施行

    仮想通貨交換業者を登録制にするなどを盛り込んだ「銀行法施行令等の一部を…

  5. 仮想通貨全般/経済

    ハッキング被害を受けた仮想通貨取引所バイナンスは14日入出金再開予定

    先週ハッキング被害を受け、約44億円の仮想通貨ビットコインが流出してし…

  6. 仮想通貨全般/経済

    フランス、仮想通貨税率45%から19%へ引き下げ

    フランスの税務局は、ビットコインなどの仮想通貨での利益に対する税率を大…

過去記事

新着記事

bitbank
PAGE TOP