ビットポイントがハッキング被害、35億円相当の仮想通貨が不正流出

経済/社会
この記事は約1分で読めます。

株式会社リミックスポイントは12日、子会社である仮想通貨取引所のビットポイントジャパン(東京・港区)が運営する「BITPoint(ビットポイント)」にて、仮想通貨の不正流出があったことを発表した。

ビットポイントは午前6時30分から送金、受金のサービスを停止、全てのサービスを同日10時30分から停止しており、サービス再開の目処はまだ発表されていない。

不正流出は恐らくハッキングに寄るものと見られている。

今回の不正に流出したのは、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルの5銘柄。流出額はおおよそで35億円と想定。

コールドウォレットで管理している仮想通貨や法定通貨については、流出は確認されていない。

下記は主な仮想通貨取引所での不正流出被害額一覧。

タイトルとURLをコピーしました