ビットコイン(BTC)

ジンバブエの米ドル禁止措置が大きなビットコイン熱に火をつける

ジンバブエではビットコイン取引が活況を呈している。

政府は、米ドルの使用を禁止する法律を導入し、市民に代わりに国内通貨の採用を強制した。ジンバブエの国内通貨は、経済を安定させるための努力の一環として一旦は2009年に流通を停止した。

しかし、最近の政策変更により、ジンバブエ政府は現地通貨であるRTGSドル(後に「ジンバブエドル」と改名)を再採用し、外貨を使った国内取引の決済を禁止したのである。

その政策は現地の人々にとってあまり習慣化することはなく、多くの人は「Zollar(*ゾラー)」を使うことを避けた。

*ゾラーはジンバブエドル(Zimbabwean dollar)を文字った異名

人々はジンバブエの急騰するインフレから身を守るために闇市場でドルを取引したが、ハイテク愛好家は政府の禁止を回避するためにビットコインを買うことを選んだ。

新通貨ビットコイン、「ゾラー」との戦い

ここ最近の仮想通貨への関心により、ジンバブエで販売されているビットコインの量が大幅に増加した。

それだけでなく、一部の市民は政府の制限を回避するためにブロックチェーン技術に基づくサービスとビジネスを提供するために暗号通貨の利点を利用した。

例の1つとして、政府が国外でのクレジットカードの使用を禁止した後には不可能なはずである、ジンバブエと南アフリカ間でお金のやりとりを可能にするために、ブロックチェーンを使用したと伝えられているのはTinashe Jani氏である。

家賃、手数料、さらには食料品のためでさえ、自分の口座で金銭を転送したり引き出したりすることはできませんでした。そこで、私たちはジンバブエで現地通貨を使ってビットコインを購入し、それをSAに送って、すぐに顧客のために少額の手数料でランド(南アフリカ国の通貨)に換金しました。

政府はビットコインを違法と見なしているが、ジンバブエ市民は人々が購買力を失うことを避けるためには、そういったリスクも追うことをいとわない状況である。

結果、ビットコイン取引が大幅に増加したため、今日この国はアフリカ大陸の南部で最も重要なBTC市場の1つとなっている。仮想通貨取引所GolixのCEO兼創設者であるTawanda Kembou氏は、次のように述べている。

ここで見られるのはビットコインに対する多くの需要、そしてその需要に比べて供給が少ないということです。だから取引所の代わりにダークマーケットで現状起こっていることなのです。

ベネズエラはジンバブエの現実を反映する鏡

ジンバブエで起こっていることは何も目新しいことではない。 2003年に、ベネズエラはその市民が自由に通貨を変換することを禁止して、同様の決定を実行した。

直接的な結果は、国内通貨の継続的な切り下げと「違法取引」の増加だった。ウェブサイトやソーシャルメディアによって刺激されたものたちは政府が通貨を管理できない状況に直面していることを逆手に取り、意図的に法外な金利を設定した。

最初のツイートから1年が経ちました。その間、パラレルドル(違法ドル)の平均価格は88619.9%急上昇しました。公式為替レート(DICOM)も670731.6%上昇しました。ボリバルの切り下げは99.9%でした。

ビットコインの出現はベネズエラ人の習慣に即座の変化を生み出さなかった。しかし2017年のブームは熱狂的なペースで国の取引を後押しした。ほぼ破産の危機に瀕している経済を抱える国が最も重要なビットコイン市場の1つであると考えるのは難しいかもしれないが事実である。そしてジンバブエのように、この市場は州政府の介入なしにベネズエラ人によって独占的に支えられている。


LocalBitcoinsで取引されるベネズエラでのビットコインの量。増大しているのがよく分かる。

ビットコインは、彼らの支配者の酷い決断から、人々を守るためのヘッジとなったようだ。そして、ベネズエラと同じことがジンバブエで起こつとしたら、遅かれ早かれアフリカ最大の仮想通貨市場になるのかもしれない。
 

出典:https://www.ccn.com/news/zimbabwe-bans-the-us-dollar-igniting-massive-interest-in-bitcoin/2019/07/10/
Zimbabwe’s US Dollar Ban Ignites Massive Bitcoin Fever

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコインは4000ドル近くまで上昇するだろう – ゴールドマンサックス

    ゴールドマンサックスのチーフ技術者によると、ビットコインの価格は今年に…

  2. ビットコイン(BTC)

    持ち主が亡くなった場合ビットコインはどうなるの?

    ビットコイン所有者が亡くなってしまった場合、銀行と違い預金通帳やカード…

  3. ビットコイン(BTC)

    《注意喚起》Power BTCは詐欺!?

    PowerBTCというサイト、ビットコインを10%も高く(しかも手数料…

  4. ビットコイン(BTC)

    JPモルガンのジェイミー・ダイモン氏「ビットコインは詐欺だと言ったことを後悔している」

    ジェイミー・ダイモン氏は、今現在、仮想通貨を「詐欺」と呼び、悪意のある…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが8500ドルを下回り、仮想通貨市場はスランプから脱出できず

    3月25日以降、仮想通貨市場は3500億ドルの時価総額を取り戻せずに苦…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコインの55%が大口のウォレットに。その多くは「ガチホ」である

    長期投資家のウォレットに巨額のBTCが保管されている場合、ビットコイン…

過去記事

新着記事

PAGE TOP