仮想通貨全般/経済

Facebookの仮想通貨「リブラ」について議員は難色、米国上院公聴会の概要

米上院銀行住宅都市委員会は16日、Facebookの進める仮想通貨発行プロジェクト「Libra(リブラ)」について公聴会を行なった。

Facebookの仮想通貨リブラが、当局の規制監督の外で機能し、また違法な犯罪行為のためのマネーロンダリングとして機能する可能性があることに懸念を抱く議員らの質問に、Facebook側が答えている。

仮想通貨の複雑さについて質問されたとき、Calibra(カリブラ;リブラを収める仮想通貨ウォレット)の責任者であるDavid Marcus(デビッド・マーカス)氏は、Facebookはその仮想通貨ウォレットのカリブラをWhatsappとFacebookメッセンジャーに統合するだけであると答えた。

公聴会で答えるデビッド・マーカス氏

マーカス氏によると、リブラは競合他社からのウォレットを統合することはないが、他の仮想通貨をウォレット間で送金し合うことを望むユーザーの間で相互運用可能だとしている。

結局のところ現時点では、Facebookのウォレットは、そのアプリのエコシステムに統合される唯一のものとなるだろう。そしてこれは、Coinbase、Paypal、そして将来のデジタル資産のウォレット開発者のような他の会社より、大きな競争上の優位性を得ることになるだろう。

Facebookのリブラプロジェクトについて知る

Facebookが、なぜ本部のリブラ・アソシエーションをスイスに置くことを選んだのか、そしてリブラが米国の規制に準拠するかどうかについて質問が及び、マーカス氏は「米国が仮想通貨の規制枠組みの開発におけるリーダーになるべきである。そして国際決済銀行のような国際的な金融グループがある場所にリブラ・アソシエーションを置くため、スイスを選んだ。」としている。

マーカス氏は、Facebookには「監視の責任を回避する」という意図はない。と述べ、通貨は米国財務省のFinancial Crimes Enforcement Network(財務省の法執行機関)によって規制されることに合意した。

Facebookは信頼できないと述べた議員に対しマーカス氏は「あなたがFacebookを信頼してくれなくても良い。」と述べた。

リブラアソシエーションは100人の会員に成長すると予想され、特別な特権はいかなる会員にも割り当てられていない。

一部の議員はユーザーデータのプライバシーについて質問し、マーカス氏はカリブラがユーザーデータを直接収益化する計画はないと主張した。しかし、カリブラが他の金融機関との提携を通じて金融サービスを提供する際には、その組織はデータにアクセスするためのユーザーの同意を求めるだろうと付け加えた。

Facebookは、リブラプロジェクトは利益優先ではないと主張しているものの、企業がFacebookの広告に使う金額を増やすと、結果的にeコマースをさらに増やすことになると考えているとマーカス氏は述べた。

マーカス氏は、世界的なブロックチェーンの採用は避けられないと個人的に信じており、米国がその開発と規制をリードできなかった場合、その技術は「我々の国家安全保障機関の手の届かない場所」で開発されるだろうと付け加えた。

厳しい追求に不明瞭な回答も

議員からの全ての質問に明確に返答できた訳ではなく、幾つかの重要な質問には適切な答えが得られなかった。

中でもリブラアソシエーションが、資金がテロ組織を支える為に使われていることを発見した時には、ユーザーの資金を凍結することが出来るのかどうかという議題が上がった際、資金移動を止めることが出来るかどうか、マーカス氏は具体的に詳述しなかった。

多くの議員は難色を示している

基本的には上院の公聴会は円滑に行なわれ、多くの議員がリブラのプロジェクトについての幅広い理解を深めることが出来た。しかし多くの議員は、詐欺、未検証のサードパーティ開発者、およびFacebookまたはカリブラアソシエーションが不正取引を防止する上で果たす正確な役割について、投資家保護の観点から、懸念を抱いているようだ。

マーカス氏は17日に予定されている下院での公聴会にも出席を予定している。リブラについては、ドナルド・トランプ米大統領も「信頼できない」とツイートしているほか、スティーブン・ムニューシン米財務長官も懸念を表明している。

フランスで17日から開催の主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議でも議題になる見込みだ。

出典:https://bitcoinist.com/a-brief-overview-of-facebook-libra-project-us-senate-hearing/
Overview: Facebook Libra Project US Senate Hearing

関連記事

  1. アルトコイン

    コインチェック再開の目処を発表、ネムは88円で返還

    8日16時より、コインチェックが緊急記者会見を行ないました。記者会見は…

  2. 仮想通貨全般/経済

    楽観ムードで仮想通貨市場の取引ボリュームが急増

    とりわけこの直近3日間で、主要な仮想通貨の取引量と市場規模は著しく増加…

  3. 仮想通貨全般/経済

    ノアコインについてフィリピン大使館から注意喚起

    あたかもフィリピンの国家プロジェクトであるように思わせる、フィリピン発…

  4. 仮想通貨全般/経済

    銀行は規制が整い、仮想通貨に投資する機会を待っている

    金融ジャーナリストのRebecca Harding(レベッカ・ハーディ…

  5. 仮想通貨全般/経済

    普及加速する仮想通貨、決済サービスの動き拡大

    ビットコインをはじめとする仮想通貨 の普及に向けた動きが活発化している…

過去記事

新着記事

PAGE TOP