「ビットコインがピークを取り戻し年末までに2万ドルを突破するだろう」ノヴォグラッツ氏

ビットコイン(BTC)
この記事は約3分で読めます。

仮想通貨コミュニティに属する一部のユーザーからは、もしや暗号通貨強気派で有名なマイケル・ノヴォグラッツ氏はもう既に、幾らかの利益を得てビットコイン強気派は辞めてしまったのではないかと噂されていた。

ノヴォグラッツ氏は鋭い感覚のトレーダーであるため、より低いレベルでの買い戻しを考えていたし、そんなチャンスは毎日起こることではない。結局、ギャラクシー・デジタルのCEOである彼は今、自分が何をしているのかはシッカリと分かっており、彼は今一度、強気になっている。

BTCが値固めする価格範囲を、およそ10,000ドルから14,000ドルと正確に予想した後、ノヴォグラッツ氏はブルームバーグに対し、ビットコインの価格が以前のピークに達するのは時間の問題であると語った。

ビットコインの4,000ドルから13,500ドル近くへの「大きな動き」を指摘し、値固めは続くと予想を述べ、ノヴォグラッツ氏は、ビットコインは8,500ドルを安値として、今後も10,000ドルから14,000ドルの範囲で取引が続くと考えている。

そこまで下落しないことを願いますね。もし、そこまで落ちてきても驚かないですけどね。機関が再び熱を帯びてくるので、恐らく年末に向けてか、願わくばすぐにでも。(ビットコイン)が今の価格帯から押し出され、20,000ドルの過去最高値に戻してくれると思います。

ビットコインのカタリスト

ノヴォグラッツ氏が発言で触れた機関には、エール、ハーバード、スタンフォードなどの大企業や基金があり、これらはすべて暗号通貨が役割を果たしてくれるだろう将来に備えている。

これは他の大手投資家に影響を与える可能性がある。「懐疑論者」であろうと、ノヴォグラッツ氏は、「限界を超えて、この影響が実際に及ぶ可能性がある。」と述べている。

Libra(リブラ)発表で暗号通貨業界に与えた影響

Facebookのリブラプロジェクトの運命がどちらに転ぶか分からない状況で、ノヴォグラッツ氏は消費者による暗号通貨の採用が行き詰っていることを心配していない。なにも、Facebookとリブラコンソーシアムのみが、暗号を巧みに使った唯一のメインストリームではない。

ノヴォグラッツ氏は、TONブロックチェーンが年末までにデビューすると予想されているインスタントメッセージングプラットフォームであるTelegram(テレグラム) について触れた。テレグラムは何億ものユーザーを抱えている。

私はこれらの大きな既存のプラットフォームが採用の機会を得る可能性はとても高いと見ています。そして、それはより広い暗号コミュニティに波及するでしょう。

例えFacebookが、20億人のユーザーに対して暗号通貨を紹介した最初の企業では無かったとしても、彼らはクリプトウィンター(暗号通貨冬の時代)によって、ビットコインを忘れてしまっていたかもしれない機関投資家からの注目を集めた。もし大口投資家がビットコインの次の上昇で資金供給して2万ドルが実現した場合には、暗号通貨コミュニティはリブラが日の目をみるかどうかは別として、マークザッカーバーグ氏に感謝することになるだろう。

タイトルとURLをコピーしました