ビットコイン(BTC)

ビットコイン8,000ドル半ばまで下落の可能性、しかし来週は反発とはなぜか?

ビットコイン価格への大きな動きが予想されていた最中、週末の27日に4桁への下落が見られた。その動きがアルトコインにもダメージを及ぼし、150億ドルもの時価総額が減少した。

ビットコインが描く「バート」パターン

バートパターンというものをご存知だろうか?バートパターンとは大きなローソク足を伴って急上昇したあと、ギザギザとした足を平行方向に描き、次に大きなローソク足を伴って急落する(逆もまた然り)チャートパターンのことを指す。これはアメリカの大人気アニメ「シンプソンズ」に出てくるキャラクターの「バート・シンプソンズ」のギザギザの縦に長い頭の形が由来している。

直近一週間で、ビットコインは9,000ドル台半ばから1万ドルの間を行き来しながら、このバートタイプのチャートパターンは御馴染みとなった。BTCは27日から9,300ドルに2回タッチ、そして昨日は9,200ドルへ急落後すぐに反発した。

予想外の下落ではなかったが、現在は4時間足チャートの50及び200日移動平均線を下回っており、下落傾向が強まっている。

トレーダーの 「CryptoFibonacci」さんは、8,000ドル台半ばのエリアでサポートレベルが確認できる日足チャートを示した。

$BTC日足チャート。 10と20のEMA(指数平滑移動平均線)を今のところ下回っている。彼らと戦う必要はありません。壊れた78.6フィボナッチリトレースメントも同様です。 大きなサポートが8500-8700(ドル)付近に。

同トレーダーの仲間である「Bleeding Crypto」さんも、次回のビットコイン引き下げで9,000ドル以下の価格に注目している。

BTC価格について、この指標と他のいくつかの指標と照らし合わせてみて、私は今後数日で8,800ドルに達するかもしれないと考えています。何度か小さな反発もないとは言わないが、8,800ドルが遅かれやってくることでしょう。私は間違っているかもしれないので、私の言うことを聞かないでください。

先日のブログに書いたマイク・ノヴォグラッツ氏も8,500ドルを安値として考えていると述べていた。

来週ビットコインが反発?

暗号通貨武将のジョン・マカフィー氏をはじめ、一部の人達は強気上昇の再開を唱えている。彼は来週末には大きな動きを予測しているが、何が引き金になるのかを詳しく説明することは控えている。

ビットコインは米国から圧力を受けており、価格はそれを反映している。しかし、米国には暗号通貨を制御する上で真の力はない。見ていてくれ。今日から1週間後、ビットコインは急速な上昇を続けるだろう。

1つ可能性があるカタリストは、来週のFEDによる金利の引き下げかもしれない。これは米国経済が減速していることを示している可能性があり、ドル安の兆しでもある。

ファンドストラット社のトム・リー氏もビットコインの価格は今週末には上昇するはずだと述べている。

出典:https://bitcoinist.com/bitcoin-looks-bearish-as-analysts-eye-a-drop-to-mid-8000/
Bitcoin Looks Bearish as Analysts Eye A Drop to Mid-$8,000

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    トレーダーが警告、ビットコインの底は7700ドルをはるかに超える可能性がある

    過去48時間でビットコイン価格は500ドルほど回復したが、「DonAl…

  2. ビットコイン(BTC)

    ドイツの都市ハノーファーで公共料金がビットコイン支払い可能に

    ドイツで電気やガス等を供給するEnercity社は仮想通貨の広がりを受…

  3. ビットコイン(BTC)

    ドバイ初のビットコインATM、現金払いで購入にID不要

    アラブ首長国連邦に居る者がビットコインを購入する場合、ID提示なしで「…

  4. ビットコイン(BTC)

    急増するビットコインATM ロシアに初の設置

    ロシアの第二都市サンクトペテルブルクに、珍しくロシア製のビットコインA…

  5. ビットコイン(BTC)

    マイケル・ノヴォグラッツ「数ヶ月以内に機関が参戦する明らかなサイン」

    仮想通貨投資会社ギャラクシー・デジタルのCEOであるマイケル・ノヴォグ…

過去記事

新着記事

PAGE TOP