仮想通貨全般/経済

コインチェックがIEOプラットフォームサービスを検討開始

マネックスグループの子会社である、仮想通貨取引所を運営するコインチェック(Coincheck)は22日、「ユーティリティ・トークンによる資金調達支援事業の検討を開始」すると発表した。

トークンによる資金調達を仮想通貨取引所が支援する事業を「IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)」と呼ぶ。

IEO事業のイメージ図。発行体とユーザーの間に入って支援する。

企業やプロジェクト等の発行体そのものがユーティリティ・トークンを電子的に発行することで資金調達を行う従来の方法、ICO(Initial Coin Offering)とは異なり、事業者がトークンの発行を仮想通貨交換所に委託して行う資金調達の方式である。

仮想通貨取引所が事業者を審査したうえで、トークンを上場するため、投資家保護の観点からICOよりも信頼できる方式と考えられており、最近IEOの需要が増えてきている。

IEO事業はバイナンス(Binance)が抜きん出ており、1月下旬に行われたTronベースのBitTorrent token (BTT)のセールスでは、50億トークン、約7.1億ドル分が18分以内に完売していた。

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    GMOがマイニング事業のICO検討を発表。

    GMOインターネットは株式会社は、仮想通貨のマイニング事業をおこなうこ…

  2. 仮想通貨全般/経済

    金融庁認定の仮想通貨交換業者11社発表。19社は継続審査中

    金融庁が仮想通貨交換業者の認定業者を発表しました。10月2…

  3. 仮想通貨全般/経済

    ロシア仮想通貨に対する規制見直し、石油に裏付けされた独自仮想通貨を発表

    ロシア政府は係争中である仮想通貨規制法案に関する決議案を可決することを…

  4. ビットコイン(BTC)

    11月に仮想通貨市場の変動が大きかった4つの理由と12月の見通し-SFOX

    11月の初めまで、仮想通貨のボラティリティは減少傾向にあった。あまりに…

  5. 仮想通貨全般/経済

    国連「北朝鮮がアジアの仮想通貨取引所から635億円を盗んだ」

    国連安全保障理事会(安保理)は、北朝鮮が経済制裁を回避し外貨を得るため…

  6. 仮想通貨全般/経済

    リミックスポイント、仮想通貨でタクシーなど決済の取り組み

    リミックスポイント株式会社は、日の丸リムジン株式会社と協力して、東京の…

過去記事

新着記事

PAGE TOP