日銀高官「我々はビットコインを推進し、ブロックチェーンに好意を持っている」中国の規制と温度差

経済/社会
この記事は約1分で読めます。

日本銀行は中国とは異なり、資本流出や暗号通貨による投資を恐れていない。

日本銀行は、ビットコインやその他の暗号通貨に関して、世界で最も進歩的な国の1つとして、日本の立ち位置を改めて示した。

日経アジアン・レビュー(Nikkei Asian Review)によると、日本銀行の高官は、頂点にあるこの金融機関はビットコインとその背後にある技術に満足していると述べている。当局者によると、日本銀行のスタンスとしては、資本流出については懸念していないと語った。

資本流出を恐れ、中国はあらゆる金融資産を敵と見なしている。しかし、自分たちは流出については心配しておらず、その背後にある技術を愛し、コミュニティと交流している。

国際的な仮想通貨取引規制の先駆者

日本は国家レベルで仮想通貨の規制を開拓してきた。日本は、利用できるさまざまな仮想通貨の区別を行なうことも主導してきた。

昨年の春、日本の金融庁は国内のすべての仮想通貨取引所に対し、Augur、Dash、Monero、ZCashなど匿名コインをリストから削除するよう指示した。

また、最近では6月のG20会議でも仮想通貨についての議題を投げかけ、先進的な仮想通貨におけるスタンスを示している。

そして、仮想通貨のグローバルな支払いネットワークを開発する取り組みにも関与している。

タイトルとURLをコピーしました