仮想通貨全般/経済

日銀高官「我々はビットコインを推進し、ブロックチェーンに好意を持っている」中国の規制と温度差

日本銀行は中国とは異なり、資本流出や暗号通貨による投資を恐れていない。

日本銀行は、ビットコインやその他の暗号通貨に関して、世界で最も進歩的な国の1つとして、日本の立ち位置を改めて示した。

日経アジアン・レビュー(Nikkei Asian Review)によると、日本銀行の高官は、頂点にあるこの金融機関はビットコインとその背後にある技術に満足していると述べている。当局者によると、日本銀行のスタンスとしては、資本流出については懸念していないと語った。

資本流出を恐れ、中国はあらゆる金融資産を敵と見なしている。しかし、自分たちは流出については心配しておらず、その背後にある技術を愛し、コミュニティと交流している。

国際的な仮想通貨取引規制の先駆者

日本は国家レベルで仮想通貨の規制を開拓してきた。日本は、利用できるさまざまな仮想通貨の区別を行なうことも主導してきた。

昨年の春、日本の金融庁は国内のすべての仮想通貨取引所に対し、Augur、Dash、Monero、ZCashなど匿名コインをリストから削除するよう指示した。

また、最近では6月のG20会議でも仮想通貨についての議題を投げかけ、先進的な仮想通貨におけるスタンスを示している。

そして、仮想通貨のグローバルな支払いネットワークを開発する取り組みにも関与している。

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    金融庁認定の仮想通貨交換業者11社発表。19社は継続審査中

    金融庁が仮想通貨交換業者の認定業者を発表しました。10月2…

  2. 仮想通貨全般/経済

    バイナンス、信用取引借入金が大きな節目の1億ドル越え

    世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)は、信用取引…

  3. 仮想通貨全般/経済

    「LINE」が仮想通貨取引所を7月にもスタート

    全世界で約二億人のユーザーを抱え、日本で最もポピュラーなチャットアプリ…

  4. 仮想通貨全般/経済

    金融庁、仮想通貨から「暗号資産」に名称変更

    金融庁はビットコインをはじめ、インターネット上で扱われる仮想通貨の名称…

  5. 仮想通貨全般/経済

    GMOがマイニング事業のICO検討を発表。

    GMOインターネットは株式会社は、仮想通貨のマイニング事業をおこなうこ…

  6. ブロックチェーン

    ICO規制で中国ブロックチェーンカンファレンスが中止に

    中国のメディア(Caixin)によると中国人民銀行(PBoC)は、多く…

過去記事

新着記事

PAGE TOP