アルトコイン

バイナンスは年利最大15%の仮想通貨レンディングを本日スタートする

世界最大の仮想通貨取引所、バイナンス(Binance)は、仮想通貨のレンディングサービスを始めると発表した。

レンディングは、ユーザーが保有している仮想通貨を借り受けることで利子を提供するサービスだ。

レンディングの対象は、とりあえず下記の3種から受付を開始する。

レンディング受付開始前の画面

・バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)
・テザー(Tether/USDT)
・イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC))

それぞれの年利はBNBが15%、USDTが10%、ETCが7%となっている。

バイナンスはレンディングのプラットフォームをローンチいたします。借入れ期間は14日間固定でUSDT、BNB、ETCのレンディング商品をご用意しております。

8月28日UTC午前6時(日本時間15時)以降、先着順で「バイナンス・レンディング(Binance Lending)」の申し込みが可能になる。1人のユーザーが申し込むことができる最大額は、500BNB、100万USDT、そして1000ETC。

今回の申込み受付は第1フェーズであると発表されており、レンディングサービスの試用期間だと見られる。今後他のコインもサービスが増えていくことだろう。年利最大15%は特に日本の銀行と比べると驚くべき利率である。

今回のローンチは、事業内容を多様化し、ユーザーを呼び込み維持するためのバイナンスの取り組みのひとつだ。

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    ベネズエラのマドゥロ大統領「2019年石油の決済には仮想通貨ペトロを採用する」

    ベネズエラのマドゥロ大統領は来年、石油販売に関して、米ドルに変えて段階…

  2. 仮想通貨全般/経済

    経済危機と戦うベネズエラ人が仮想通貨の真のポテンシャルを教えてくれる

    かなり長い間、ベネズエラは政治的危機と経済の崩壊に苦しんでいる。横暴な…

  3. ビットコイン(BTC)

    ヤマダ電機がビットコイン決済を開始

    国内大手家電量販店のヤマダ電機が「bitFlyer」との提携により、都…

  4. 仮想通貨全般/経済

    弱気市場でも生き延びる仮想通貨マイナー達

    現在の仮想通貨の弱気市場では、マイニング機材の減価償却費によってマイナ…

  5. ビットコイン(BTC)

    26万店 ビットコイン支払いに対応 投機対象から決済へ

    ビットコインが決済手段として本格的に店舗に導入される動きが広がりを見せ…

  6. アルトコイン

    イーサリアム「Ethereum」グーグルで1億1千万回のワード検索

    イーサリアムが2015年に設立されて以来、ブロックチェーンの発展に及ぼ…

過去記事

新着記事

PAGE TOP