仮想通貨全般/経済

VanEck、SolidXが”限定版”のETFを機関投資家に向けて販売、アナリストラから疑問の声も

米国証券取引委員会(SEC)はこれまでに多数の提案されたビットコインETFを拒否してきた。痺れを切らしたヴァンエック(VanEck)、ソリッドX(SolidX)の2社は今週、“限定的”なETFを販売する予定だ。

この商品はSECの免除制度を利用して、ヘッジファンドや銀行などの機関投資家向けに販売される。個人投資家には提供されない。

SECの規則144Aに基づき、9月5日から販売される予定だ。この規則により、SECに登録する必要なしに「適格機関購入者」間で取引が認められる。

VanEckのETF商品の責任者であるエド・ロペス(Ed Lopez)氏によると、「株式はETFのように作成および償還されるが、ETFではありません。ETFとは異なり、国の取引所にリストされているのではなく、OTC Link ATSプラットフォームで引用されています。これまでにない種類の製品です。ブローカーからブローカーへの取引を介して店頭で取引されることを考えると、私たちはそれをブローカー取引ファンド、BTFと呼んでいます。」と語った。

SECは8月12日、Bitwise Asset Management、VanEck/SolidX、およびWilshire PhoenixからのビットコインETFの提案の決定を延期している。VanEck/SolidXが提案した従来のビットコインETFの期限は10月18日となっている。

“限定的”ETFと呼ぶのはかわいいマーケティング戦略

仮想通貨業界の著名な弁護士ジェイク・チャービンスキー(Jake Chervinsky)氏は、「ビットコインETF」報道について、間違っていると指摘

これは誤解を招きます。VanEck SolidXビットコイントラストは、ETFではありません。ほぼ6年前に発売されたグレースケールのビットコイントラストとまったく同じように見えます。これを「限定ETF」と呼ぶのはかわいいマーケティング戦略ですが、ただそれだけのものです。完全なETFと呼ぶのは間違っています。

しかし、弱気市場とその余波の中で、産業にとって、インフラ、規制、流動性に関して改善の兆しを示すことは、次の資本流入の基盤を確立するために重要である。

BakktとVanEck Bitcoin Trustは、市場の投資家の需要に応えているだけであるため、潜在的な影響は不明のままであるが、新しい取引場所と様々なファンダメンタル要因の組み合わせは、次の上昇への貢献になるかもしれない。

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    長引く中国取引所閉鎖のうわさと緩やかに回復する市場

    9月8日に、中国の財新メディアが、中国の金融当局は仮想通貨取引所を当面…

  2. 仮想通貨全般/経済

    韓国の財務次官「仮想通貨はフィアット通貨の脅威となる可能性がある」

    韓国の戦略金融財務次官であるキム・ヨンジン(Kim Yong-jin)…

  3. 仮想通貨全般/経済

    コインチェックがイーサリアム、リスク、ネムの入金・購入を再開

    12日、仮想通貨取引所コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区)が、…

  4. 仮想通貨全般/経済

    リブラの来年中のサービス開始目指す、NHKが報道

    NHK「ニュース・ウォッチ9」の番組内で、フェイスブックの独自通貨リブ…

  5. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨市場は驚くほど低い流動性に苦しんでいる

    主要な仮想通貨データ追跡サービスプラットフォームとして知られる「Coi…

  6. 仮想通貨全般/経済

    「全ての地獄から開放されるだろう」ABRAのCEO、ビットコイン価格が今年再び高騰を予想

    主要な金融アナリストらの中にはビットコインの現在の下落トレンドについて…

過去記事

新着記事

PAGE TOP