サムスン、仮想通貨フレンドリーなGalaxy Note 10をリリース、未上場の独自仮想通貨が付いてくる!?

経済/社会
この記事は約1分で読めます。

サムスン電子(Samsung Electronics)は、スマートフォン「ギャラクシーノート10(Galaxy Note 10)」の新版をリリースする。これには、ブロックチェーンの採用をさらに促進するために、仮想通貨ウォレットが事前にインストールされている。

写真はGalaxy Note 10と10+(Galaxyのサイトより)

5日のウォールストリート・ジャーナルの記事によると、サムスンの主力製品であるGalaxy Note 10の新版としてリリースされたもので、メッセージング大手のKakao(カカオ)によって開発されたブロックチェーンネットワークにちなんで名付けられた「KlaytnPhone(クレイトンフォン)」として販売される。「Klaytn(クレイトン)」はカカオの子会社「GroundX」が開発したブロックチェーンである。

この新製品は、韓国でのみ販売される。既存のGalaxy Note 10とは変わらないものの、KlaytnPhoneの購入者は、「Klaytn」ブロックチェーンの独自仮想通貨「Klay」を一定量、取得することができるという。

KlaytnPhoneは、仮想通貨の採用を促進する取り組みを拡大するためにサムスンが行なった試みのひとつ。レポートによると、サムスンはGroundXと協業でこの仮想通貨フレンドリー版のGalaxy Note 10をリリースしたもので、背景には韓国のSNS大手、カカオがKlaytnネットワークを開発するために動いたとされる。

Klaytnネットワークは今年6月から稼働しているが、その独自仮想通貨「Klay」はまだ取引所に上場されていない

サムスンは、今年3月に仮想通貨に適したフラッグシップスマートフォンを初めて公開した。S10は、イーサリアム(ETH)やイーサリアムベースのERC20トークンなどの仮想通貨をサポートするデジタルウォレットを搭載している。

新機種、Galaxy Note 10の韓国限定版を購入すれば、上場前の仮想通貨が付いてくるならば、スマホの既存機能以外の面白いセールスポイントになりそうだ。

出典:https://www.coindesk.com/samsung-to-release-crypto-friendly-edition-of-galaxy-note-10-smartphones
Samsung to Release Crypto-Friendly Edition of Galaxy Note 10 Smartphones

タイトルとURLをコピーしました