BitPayにより企業はイーサリアムでの支払いを受入れ可能に

アルトコイン
この記事は約2分で読めます。

16日、BitPay(ビットペイ)は、時価総額で2番目に大きい仮想通貨であるイーサリアムをまもなく受け入れ開始すると発表した。

間もなくBitPayと提携する商店は世界中のイーサリアムのユーザーからイーサでの支払いを受入れられるようになります。

BitPayを使用すると、提携している企業は、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、およびイーサリアムに加えて、いくつかのステーブルコインでの決済が可能になる。

2011年にローンチされたBitPayは、200か国以上で法定通貨と仮想通貨の両方の決済サービスを行なってきた。

イーサリアムの共同設立者でありクリエーターであるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は、BitPayのイーサリアムのサポート追加について話し、「イーサリアムがグローバルな決済システムに統合する方法をリードすることを見るのはエキサイティングだ。」と語った。

これにより、イーサリアム・エコシステムの可能性の新しい世界が真に開かれ、仮想通貨の為の、実世界でのユースケースの革新者であり続けることができます。

ヴィタリック氏はこのように付け加えた。

また、BitPayはインタビューに対しこのように述べている。

BitPayはブロックチェーンと仮想通貨を定期的に再評価して、世界中の商品やサービスの支払いを簡単に送受信できるようにするという会社の目標をサポートしています。イーサリアムは、実世界のアプリケーションを幅広くサポートし、広く採用されているため、選択しました。

要するに、BitPayのCEO(最高責任者)であるステファン・ペアー(Stephen Pair)氏は時価総額が大きな仮想通貨の1つとして、数千の企業が使用している仮想通貨の1つとして、イーサリアムは次の現実的な選択肢であったと結論付けた。
 

出典:https://www.coindesk.com/payment-service-bitpay-announces-ether-integration
BitPay Now Lets Merchants Accept Ethereum’s Cryptocurrency

タイトルとURLをコピーしました