仮想通貨全般/経済

バイナンス、信用取引借入金が大きな節目の1億ドル越え

世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)は、信用取引サービスで著しい成長を見せている。合計21の信用取引ペアにおいて1億ドル(約110億円)のあらゆる仮想通貨が借入れされた。

アルトコインの新しいペアを追加

バイナンスは最近、ダッシュ(DASH)とZCash(ZEC)のペアを新たに追加した。これまでのところ、十分な流動性を備えたアルトコインはほとんどないため、マージン取引できる市場の選択は比較的保守的である。バイナンスは清算ルールでリスクを最小限に抑えようとしたが、信用取引には依然としてリスクが伴う。

信用取引はトレーダーのポジションを増幅させるだけではなく、より大きな利益または損失をもたらす可能性がある。仮想通貨取引においては、高いボラティリティが困難とリスクをもたらした。

バイナンスが製品ポートフォリオを拡大

信用取引の拡大は、分散型金融におけるバイナンスの目標の1つにすぎない。この取引所は、拡大する仮想通貨金融商品のポートフォリオを提供している。最近、テザー(USDT)に対して最も流動的なビットコイン市場向けに先物ペアが発売された。

また、バイナンスは、数種類のデジタルコインとトークンのレンディング(貸出)メカニズムを開き、最大14%の年利が受けられるサービスを設けている。

バイナンスはこの夏にのみ信用取引市場を開設し、その間BTC価格がボラティリティの上昇期に入った。これによりショートポジションが即座に清算された。7月にオフィシャル・ローンチを果たしている。

現在拡張された信用取引のポートフォリオは少数のアルトコインが占有している。これにはアルトコインシーズンが近づいているかもしれないという兆候がある。ただし、アルトコインは不安定なままであり、価格の変動がさらなる清算につながる可能性もある。

バイナンスコイン(BNB)は非常に不安定なままで、一晩で9%以上下落、20.95ドルで取引された。バイナンスコインは、2019年も引き続き優れた業績を上げた資産の1つであり、バイナンスの心理と取引の変化に影響されるため、方向性が急速に変わりやすい。

バイナンスの米国支社であるバイナンスUSは18日、取扱コインとトークンの第1弾にBNBを加えると発表した。 
 

 
出典:https://bitcoinist.com/binance-margin-borrowing-surpasses-100m-milestone/
Binance Margin Borrowing Surpasses $100M Milestone

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    ポンド、31年ぶりの安値を3日連続で更新

    [東京 7日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5…

  2. アルトコイン

    米格付け会社が仮想通貨の格付けを発表

    独立系格付機関の「Weiss Ratings」が、仮想通貨の格付けを発…

  3. 仮想通貨全般/経済

    リミックスポイント、仮想通貨でタクシーなど決済の取り組み

    リミックスポイント株式会社は、日の丸リムジン株式会社と協力して、東京の…

  4. 仮想通貨全般/経済

    「正確な取引量を公開する10の取引所」最新の調査で明らかに

    残念ながら多くの仮想通貨取引所の取引量はフェイクであると、ビットコイン…

  5. ビットコイン(BTC)

    トランプ氏当選で日本株相場・為替相場大荒れ、ビットコインは上昇

    昨日9日(米8日)のアメリカ大統領選挙が行われ、多くの人がヒラリー・ク…

  6. 仮想通貨全般/経済

    韓国大手コンビニチェーン13000店舗で仮想通貨決済の受入れ

    韓国で最大のコンビニエンスストアチェーンである「CU」は、13,000…

過去記事

新着記事

PAGE TOP