拡大するシベリアの仮想通貨マイニング施設

経済/社会
この記事は約2分で読めます。

シベリアでは、安い水力発電、寒冷気候、ソビエトが残した産業インフラ設備により、イルクーツク地方は都市探検家、さらに注目すべきことに仮想通貨マイナーにとって魅力的な場所になっている。

ブラーツク市には、ロシア最大の水力発電所がある。巨大なダムと発電機は、この地域で成長しているマイニングファームに貢献している。安い電気代は、世界中の仮想通貨マイナーを積極的に惹きつけており、この地域を国際的なマイニングハブに様変わりさせている。

安い電気に加えて、地元の気候はマイナーにとって好都合だ。ブラーツクの年間平均気温は28℃だ。暖かい季節(凍結していないとき)は、1年に4〜5か月続き、それ以外の期間は深い雪に覆われる。

別の利点は、ロシアの市場経済への転換を生き残れなかったソビエトの工場によって残された無数の空の建物だ。

現在、これらの建物の一部は、すでに電気が接続されているため、マイニングハードウェアが収まる箱となった。これらの遠隔地では、仮想通貨マイナーは騒音や温度上昇などで隣人を邪魔することなく水力発電を十分に生かすことが出来る。

ここでは、Bitriver、Cryptoreactor、Mineryの3社が、冷却システム、技術サポートチーム、警備員を備えたASICを配置する「巨大マイニング施設」を設けている主な企業だ。

Bitriverは顧客が100メガワットの電力を利用できることを誇り、Cryptoreactorは40メガワットを確保したと述べ、Mineryは30メガワットを有しているという。現在、米国、ロシア、日本、韓国、ブラジル、リトアニア、インド、ポーランド、スペイン、中国、その他の国の顧客からのマシンをホスティングしている。

例えば、Mineryの2つのファームのうちの1つには、26の巨大な輸送コンテナが、米国、ロシア、韓国、インド、日本、スペインのマイナーが所有するASICをホスティングしている。

カザフスタンに大規模な施設を建設するマイニング企業、Eletro.Farmの創設者、Dmitry Ozersky氏は、ロシア全土のビットコインマイニングファームが600メガワットの共同容量を活用し、世界中のビットコインネットワークを支える合計7ギガワットの電力のほぼ10%を占めると主張している。


Bitriverが公開している施設内部の動画
 

出典:https://www.coindesk.com/watch-inside-a-siberian-crypto-mining-complex
WATCH: Inside a Siberian Crypto Mining Complex

タイトルとURLをコピーしました