ベネズエラ中央銀行が準備金としてビットコインとイーサリアムの追加を検討

アルトコイン
この記事は約2分で読めます。

ブルームバーグのレポートによると、ベネズエラの中央銀行は内部テストを実施して、国際通貨準備金に仮想通貨、特にビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を追加するかどうかを検討しているという。

この検討は、国有の石油および天然ガス会社であるPetroleos de Venezuela SA(PDVSA)の要求に基づいて行われたものだ。 PDVSAは、ベネズエラの中央銀行に対し、入手したビットコインとイーサリアムを使用して、会社に代わってサプライヤーへ支払ってくれるよう求めている。

米国の経済制裁により、PDVSAはクライアントやサプライヤーとの取引に苦労した。大手銀行は、同社とのビジネスチャネルの開設を回避しているためだ。ブルームバーグによると、PDVSAがどのようにビットコインとイーサリアムを手に入れることができたかは不明で、その保有量も共にはっきりとされていない。

2018年、ベネズエラ政府は、国の石油備蓄に支えられた国発行の仮想通貨であるペトロを発行した。最近では、政府関係者がペトロの使用を奨励するためのさまざまなプラットフォームを立ち上げている。
 

出典:https://www.theblockcrypto.com/linked/41154/venezuelas-central-bank-is-exploring-the-addition-of-bitcoin-and-ether-to-its-reserves
Venezuela’s central bank is exploring the addition of bitcoin and ether to its reserves

タイトルとURLをコピーしました