ビットコイン(BTC)

ビットコインの取引単位にSatoshiが使われると、新規の買いが入るだろう

もし、いずれかの取引所がビットコインの単位を「Satoshi」で取り扱えば、仮想通貨への新しい客が見込めるだろうという意見がある。

もし主要な取引所がBTCからsatoshiに切り替えたら、人々はビットコインに足を踏み入れるのを懸念することがかなり減るだろう。単位の先入観は強烈で、私たちは皆、それが普通の個人投資家にどのように影響するかを過小評価しています。

少数単位しか買えないことは買い手を遠ざける

ビットコイン(BTC)は価格が比較的高いため、少数単位でしか買えない人が多く、直感的に買いが入りにくい。現在のBTCの単位は、潜在的に新規購入者を遠ざけているところが見受けられる。

代わりに、最小単位の「Satoshi(サトシ)」を使用すると、買い手は数ドルでも払う可能性があるだろう。

Satoshiは、ビットコインの作成者であるサトシ・ナカモト氏にちなんで名付けられ、ブロックチェーン上に記録された値として独立して存在するビットコインの最小通貨単位だ。各BTCには1億個のsatoshiが含まれており、その単位は非常に小さいため、独自のトランザクションの支払いさえもできない。

0.00000001 BTC=1 Satoshi
(例)1 BTC=800,000 円 の場合、1 Satoshi= 0.008 円

取引所は大抵、購入や送金に必要なBTCでミニマム(最小手数料)を設けており、これが結構馬鹿にならない。

satoshiを使用する場合の問題の1つは、ユニットが小さすぎて意味のあるトランザクションを実行できないことだ。もう1つの問題は、安価なアルトコインでさえ、買い手にとって時には魅力的にならないことだ。

Satoshiへ切り替える適切なタイミングがまだ到来していないと考える人もいる。BTCの価格が100,000ドルを超えた場合にその時が来るかもしれないとの声もある。しかし、今現在ビットコインの価格は約8,000ドルで苦労しており、単位の変更は依然として難しい。

サトシの有用性は、ビットコインがすべての通貨を乗っ取る可能性のある「ハイパービットコイン化」の理論の一部である。そのシナリオが実現すれば、サトシは意味のある日常の単位として使われるだろう。しかしそれまでは、BTCの富の大部分は、数千のBTCを所有する大量保有者によってコントロールされるのだろう。

出典:https://bitcoinist.com/bitcoin-could-find-new-buyers-if-exchanges-switch-to-satoshis/
Bitcoin Could Find New Buyers If Exchanges Switch To Satoshis

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    スイス国鉄、券売機でビットコインが買えるように!

    【10月29日 AFP】スイス連邦鉄道(SBB スイス国鉄)は28日、…

  2. アルトコイン

    真のビットコインはたったひとつ。今までのフォーク、これからのフォーク。

    最近、ビットコインネットワークの様々な「フォーク」について、特に仮想通…

  3. ビットコイン(BTC)

    11月に仮想通貨市場の変動が大きかった4つの理由と12月の見通し-SFOX

    11月の初めまで、仮想通貨のボラティリティは減少傾向にあった。あまりに…

  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン両替サービスZebpay、インド市場で急成長中

    アプリベースのビットコイン両替サービスを提供するZebpay社は最近、…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインの月別安値が次の上昇相場の強さを予感させる

    現在のところ、ビットコイン価格は2018年よりも2019年は明らかに実…

  6. ビットコイン(BTC)

    Mt.Gox事件の真犯人か?ギリシャでロシア人男逮捕

    驚きの新展開。マウントゴックス事件の真犯人と見られる男が逮捕されました…

過去記事

新着記事

PAGE TOP