GEの年金失敗は投資家をビットコイン市場へ送り込む可能性がある

ビットコイン(BTC)
この記事は約4分で読めます。

米ゼネラル・エレクトリック(GE)は7日、2021年1月から企業年金を凍結すると発表した。約2万人の米国の従業員が対象となる。

債務削減のためにこのような措置を取ったのはGEが初めての企業ではないが、米企業で最も古い企業の1つが、もはや年金を従業員から預かれないという危機にある強いシグナルを意味する。

現在、GEは従業員の給料の一部を401(k)プランに託し、労働者自身がリスクを負う形をとっている。投資先は雇用主によって選別されたリストから個人が選択する。

どうせリスクを負うなら、魅力的なリスク・報酬比を持つ資産を選択肢とする人もいるだろう。

最近の仮想通貨市場の暴落を考慮したとしても、ビットコインの2019年初来115%のリターンパフォーマンスを上回る資産は他にない。

ジェネラル・エレクトリックは2万人の従業員の企業年金を凍結した。アメリカの年金問題は、時間とともに悪化するだけです。約束は破られるでしょう。すべての年金基金がビットコインでリスクを負うことを考えてもいいだろう。

市場にはまだ個人向けのビットコインETFは存在しないが、需要があればおのずと道は開けるので、もし401Kプランに採用されれば、BTCに触れる機会がはるかに簡単になるだろう。

今年のヘッジファンドのリターンを見ると、なぜビットコインがこんなに固有の資産なのかが分かる。ブルームバーグで引用されたデータによると、ヘッジファンドは、管理とパフォーマンスがそれぞれ2パーセントと20パーセントという高額な二つの料金体系で知られているが、2019年から9月までのリターンは5%未満である。株式市場でさえそれよりも多く、約21%上昇している。

ビットコインが次に401(k)ファンドに進出する可能性は全くの想定外ではないだろう。

生活のためにお金をやりくりしているなら、あなたには1%をビットコインに割り当てるという受託者責任があります。GEのようになるな。

金融市場を歪める中央銀行の刺激策

一方、新しい国際決済銀行(BIS)の報告書は、仮想通貨コミュニティがこれまでに言っていたことを明らかにした。中央銀行のバランスシートの膨れ上がりは、金融市場の健全性を損なっている。

中央銀行の刺激策は金融市場を歪曲している、とBISが明らかに

米企業をはじめ、世界経済を悩ませる不確実性が非常に大きいため、投資担当者がビットコインを無視することはますます難しくなっている。 市場のリーダーは1%~2%の低めのリスクから始めることを推奨しているため、ポートフォリオ全体を大きく崩す必要はない。

BTCは熱心な投資家を引き起こす、危険な資産である可能性もあるが、ツイッターユーザーのRolandは次のように指摘している。

彼らはビットコインを凍結することはできません。

  

出典:GE Pension Failure Could Send Investors into Arms of Bitcoin
https://www.ccn.com/ge-pension-failure-could-send-investors-into-arms-of-bitcoin/

タイトルとURLをコピーしました