ビットコイン(BTC)

大きな急上昇のあと仮想通貨は緩やかに推移、中国の習近平主席の発言が影響した可能性

26日の20~40%を超える大きな上昇の後、仮想通貨市場は現在緩やかに推移している。

今週、全体で300億ドルという非常に急速な増加を遂げ、仮想通貨市場の時価総額は約2,490億ドルで推移している。驚くべき急上昇をした後、価格調整の下落があったものの、まだ数日前に見られた安値をはるかに上回っている。

ビットコインが3000ドルの急上昇

直近3日間で仮想通貨の価格は4月以来、久しぶりに最大の値上がりを見せており、仮想通貨の愛好家からは将来に対して楽観的なムードが漂っている。

10月26日深夜、ビットコインの価格が7,300ドルの安値から10,295ドルの高値に突如上昇した。それ以降価格は下向きに戻り、1,000ドル程度下落するも、先週の弱気サイクル時よりもはるかに高値になっている。執筆時点では、BTCあたりの価格はコインあたり約9,629ドルで、1週間で18%以上上昇している。

ビットコインの次にはイーサリアムが好調で、過去7日間で5.4%上昇している。 1ETHが184ドルで取引され、世界中で100億ドルのETH取引に膨らんでいる。

10/27日曜日の仮想通貨トップ10ランキング

リップル(XRP)は今週の増加が最も少なく、これまでのところ2%しか上昇していない。各XRPは0.3ドルで取引されており、27日には約20億ドルが世界で取引された。ビットコインキャッシュ(BCH)はテザー(USDT)から4位を奪還、テザーは5位にそのポジションを落ち着かせている。Coinlib.ioによると、トップにランキングしているほぼ全ての仮想通貨間の取引の3分の2未満はテザーが絡んでいるという。

24時間のマネーフロー。多くのテザーから各仮想通貨へ流れた。

中国の習近平国家主席がブロックチェーン技術を採用

トレーダーと投機家は、金曜日にBTCや他の多くのコインの価格が大幅に上昇した理由を推測しようとしている。

一部の人々は、急上昇をブロックチェーン技術に関する中華人民共和国の習近平国家主席のコメントによるものと考えている。

習近平氏のコメントは、2017年の仮想通貨取引の禁止からのもので、中国政府はこれまでテクノロジーに否定的であった。

コアテクノロジーの独立した革新のために、重要なブレイクスルーとしてブロックチェーンを採用する必要があります。…私たちは方向性を明確にし、投資を増やし、多くの主要なコア技術に焦点を合わせ、ブロックチェーン技術と産業革新の開発を加速しなければなりません。

習近平はこのように公で発言を行なった。

習近平氏のコメントがBTCのデッドクロスを退けた

一部のアナリストによると3日前、BTCは50日移動平均線が200日移動平均線を下抜けるデッドクロスのシナリオに向かっていると話していた。しかし、多くの市場評論家は、習近平氏のこの声明がBTC価格の押し上げの原動力であると主張している。

仮想通貨業界には中国の関与が必須で、中国が仮想通貨取引を禁止していなければ市場は今よりもはるかに大きかったであろうことが言うまでもない。

2016年の仮想通貨市場の復活

過去数週間の弱気な市場心理と今週の突然の強気の上昇の後、一部の研究者は、物事は2016年のように波乱万丈が待ちうけていると見ている。

SibexのCEOであるDaniel Haudenschild氏は、上昇は今後のビットコイン「半減期」によるものであると主張した。2020年5月14日にBTCのブロック報酬が半分になると推定されている。

ビットコインの価格が2分の1の影響を受けており、ビットコインのインフレ率は最近3.8%から1.8%に低下しています。…通常、価格は半減に至るまで大幅に上昇し、わずか数週間後に10倍の動きが続きます。2016年は、半減のわずか1か月後にBTCの価格を600ドルから19,000ドルに引き上げる上昇を開始しました。

とHaudenschild氏は述べている。

全体で2,000以上の仮想通貨すべての市場価格が大幅に改善され、愛好家やトレーダーにさらなる希望を与えている。世界の取引量は倍増し、過去24時間で1,000億ドル相当の仮想通貨が取引されている。

出典:https://news.bitcoin.com/market-update-crypto-prices-hold-steady-after-massive-bullish-spike/
Market Update: Crypto Prices Hold Steady After Massive Bullish Spike

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    中国債券バブルの崩壊と人民元の成長鈍化―差し迫るビットコイン価格の高騰

    12月15日、中国の債権先物市場が記録的な暴落に見舞われ、102から9…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン決済、受け入れ企業がケニアで増加

    ケニアにある美容サービスを提供する、ヘルスランドスパ(Health L…

  3. ビットコイン(BTC)

    ブラジル、少なくとも株式投資家の2倍のビットコイン投資家が存在

    ビットコインに対して批判的な批評家は、あらゆる点においてビットコインに…

  4. ビットコイン(BTC)

    米大統領候補トランプ氏が当選でビットコイン取引急増?

    トランプ氏がもしも当選するとなった場合、経済に与える影響も大きいが、ビ…

  5. ビットコイン(BTC)

    Bakktビットコイン先物取引量が急増、初日以降3,100%上昇

    ローンチ初日に期待はずれの結果に終わっていた「Bakkt」のビットコイ…

  6. ビットコイン(BTC)

    モルガン・スタンレーがビットコイン取引に参入か

    米大手モルガン・スタンレー投資銀行はビットコイン取引を顧客に提供する計…

過去記事

新着記事

PAGE TOP