仮想通貨のきほん

仮想通貨ウォレットの不測の事態が起きたら?リカバリーフレーズから復元するために

仮想通貨業界は過去、マウントゴックスやコインチェックなど大規模なハッキングを経験し、多大な資産が流出した経験がある。

そんな事件を背景に、昨今では資産保護のために、各自「モバイルウォレット」を使っている人が増えてきたのではないだろうか。

仮想通貨のモバイルウォレットを使用していれば、ハッキングや紛失の可能性が0とは言わないまでも、リスクを最小限に抑えることが可能だ。

では、もしケータイを変えたり、スマートフォンを落として壊したり、紛失してしまったら?その他にもアプリを誤って消してしまったり、ウォレットアプリのパスワードを忘れるなんてこともあり得る。

残念ながら、何も知らないとウォレットに保有してある仮想通貨には一切アクセス出来なくなる。

今回は、そんな不測の事態に備えて、ウォレットの「バックアップ」と「リカバリー(復元)フレーズ」について紹介しておきたい。

【モバイルウォレット】
スマートフォンを利用したウォレット。スマホにアプリをインストールして、秘密鍵を管理する。リカバリーフレーズを設定していなければ、スマホを紛失したりアプリを消去した時点で、保管された仮想通貨はブロックチェーン上に漂ったまま、二度とアクセス出来なくなる。そのためリカバリーフレーズの設定が大事である。

仮想通貨ウォレットの復元の仕組み

これから紹介する「一般的な」モバイルウォレットでは、下準備をしておけばウォレットのデータが消えても復元させることが可能だ。まずはウォレットの復元がどのような仕組みなのか見ていこう。

仮想通貨は秘密鍵で守られている

仮想通貨は、インターネット上に存在するデジタル通貨だ。

そのデータへアクセスするのに必要なのが、「秘密鍵(シークレットキー、またはプライベートキー)」である。

仮想通貨には、この「秘密鍵」がとても重要で、この秘密鍵を持っている(知っている)事 = 仮想通貨を所有している事。と言っても過言ではない。

あなたの秘密鍵を誰かに知られてしまったら、あなたの保有している仮想通貨はその人へ渡ってしまうことになる。なので秘密鍵は絶対に他人に知られてはいけない。

重要な秘密鍵を保管するための方法が「仮想通貨ウォレット」なのである。

秘密鍵を保管するのは、今回ご紹介するモバイルウォレットのほかに、ウェブウォレットだったり、USBのようなハードウォレット、ソフトウェアウォレット、またはペーパーウォレットなど、その種類や保管媒体はさまざまである。

ところで、仮想通貨の「取引データ」は世界中に公開されているため、保管する必要は無い。当該ウェブサイトにアクセスしてウォレットアドレスを打ち込めば誰でも取引の内容を見ることが出来る。

秘密鍵とリカバリーフレーズ

秘密鍵はアルファベットと数字の羅列で構成されている。代表的な「ビットコイン」を例にみてみよう。

例えばこんな感じだ。
L02tGhys7i8a4WZpwj2khk6fdjfkj6i31fTPNtgfdK

これは、秘密鍵の本来の姿である「01010001100101…」といったような二進数が変換されたものである。

この秘密鍵とウォレットの情報から、「リカバリー(復元)フレーズ」を作成することができる。リカバリーフレーズとは、一般的に12個の単語で構成されるパスワードのようなものである。

そして、このリカバリーフレーズがあれば、秘密鍵を忘れてしまっても復元することができるのだ。

だから、リカバリーフレーズも秘密鍵と同じぐらい重要な情報である。ゆえにリカバリーフレーズも絶対に他人に知られてはいけない。

ちなみにリカバリーフレーズはこのように脈絡のないシンプルな単語で構成される。
「あお かべ みかん はしる たべる くるま…」など

海外のウォレットの場合、大体はこれが「英単語」になっていることが多い。

復元する方法

ウォレット作成時にリカバリーフレーズをメモしておく

ウォレットを復元するために大切なのは、リカバリーフレーズをメモ(記録)しておくことだ。

リカバリーフレーズは、12~24個程度の単語で構成されている。

誰かに見られると秘密鍵を盗まれる可能性があるため、自分だけでメモを取ること。そして絶対に誰にも見られない、失くさない場所に大切に保管しておく。

これはウォレットの作成後に表示される。中には一度しか見せてくれないウォレットがあるので、メモをとる際にはスペルミスのないよう慎重に。

ウォレットから復元する

リカバリーフレーズさえ手元にあれば、ウォレットのデータを復元することは簡単である。

ウォレットのアプリのメニューの「復元」を選択
   ↓
リカバリーフレーズを入力する

アプリやOSによって方法は異なるが、基本的な流れは同じでこのような手順をたどる。ウォレットによっては、「新規ウォレット作成 ⇒ リカバリーフレーズを入力」だったり、「ウォレットをインポート ⇒ リカバリーフレーズを入力」だったり、ウォレットごとにやり方が違う。

しかし最終的には「リカバリー(復元)フレーズの入力」動作を行なう選択肢がメニューにあるので、そこからのフレーズの入力となる。

リカバリーフレーズが存在しないウォレットもある

ログインするためのIDやパスワードだけしかないウォレットもある。その場合は言うまでも無くIDとパスワードを絶対に紛失しないようにしておくこと。大事な資産を預けているのだから慎重な管理を。

また、この場合はハッキングの可能性を最小限に抑えるためにも、「Google2段階認証」を必ず設定しておくことが重要

仮想通貨のウォレットの種類について

仮想通貨の、ウォレットには様々な種類が存在する。今回ご紹介したのは中でも利用者の多い「モバイルウォレット」の復元機能だ。

その他のウォレットの特徴や種類について詳しくは以前の記事↓をご参考に。

関連記事

  1. 仮想通貨のきほん

    新たな資金調達に注目、ICOじゃなくてIEO(Initial Exchange Offering)と…

    ブロックチェーン・プロジェクトが資金を調達する際には仮想通貨を使った「…

  2. 仮想通貨のきほん

    アルトコイン(オルトコイン)ってなに?

    アルトコイン(または、オルトコイン)とは、alternative co…

  3. 仮想通貨のきほん

    仮想通貨のウォレットとは?各ウォレットの特徴を分かりやすく説明

    1ヶ月で倍以上になったビットコイン、再び熱気を帯びてきた仮想通貨市場、…

  4. 仮想通貨のきほん

    モバイルウォレット「Trust Wallet」(トラストウォレット)の作成方法と使い方

    仮想通貨取引所として世界最大規模のBinance(バイナンス)が買収し…

  5. アルトコイン

    ビットコインを超える「イーサリアム」とクラウドセールについて

    イーサリアムとクラウドセールについて簡単に書かれた読みやすい記事を見つ…

  6. 仮想通貨のきほん

    【新バージョン】MyEtherWallet (マイイーサウォレット)V5の作成方法

    イーサリアムを主とした、多くの仮想通貨の保管ができる、人気オンラインウ…

過去記事

新着記事

PAGE TOP