仮想通貨全般/経済

2020年米株式市場は低迷し、投資家はビットコインと仮想通貨へ目を向けるのか?

2019年の米株式市場は、*FAANG株の圧倒的なパフォーマンスと後退にもかかわらず指数が上昇し続けたため、人々を驚かせた。

*「FAANG」とは、米国のハイテク業界で優位的な地位を占めるIT企業群の呼称。Facebook(フェイスブック)、Amazon(アマゾン)、Apple(アップル)、Netflix(ネットフリックス)、Google(グーグル)の5社の頭文字をつないだもの

しかし、ウォール街の専門家は、2020年は米株式市場が低迷すると予測している。ビットコインと仮想通貨市場はそのときすべての注目を集めるだろうか?

S&P 500は1桁台のプラスに終わると予測

2020年は米国の株式市場が春を失う年になる可能性があり、2019年の業績を繰り返す可能性は低いとウォールストリートジャーナルは報じた。

昨年、楽観主義を押し上げ積極的な金融政策と米中貿易交渉の攻略の可能性により、S&P 500は25%上昇した。しかし、昨年形成された強気相場は2020年にはそれほど続かない可能性がある。S&P 500は現在3,140ポイントを上回り、2019年初頭の予測とほぼ一致している。

アナリストは、2020年の株式は1桁台のプラスになる可能性があると予測している。世界経済が減速しているように見えるが、米国が不況に陥る兆候はまだない。

また、FRBは市場への流動性の注入をやめて、市場の原則に基づいて株価を上昇させる可能性がある。それでも、強気相場は、史上最長の長期にわたる資産の上昇として拡大し、より緩やかなペースで続く可能性がある。

それでも、テングラーウェルスマネジメントの最高投資責任者であるナンシーテングラー氏は、未だ株式が投資戦略の良い基盤であると考えていて、「大きなリスクは株式にさらされていないと思います。」と述べている。

しかしS&P 500とインデックスに組み入れられた企業について楽観的ではない専門家も多数存在する。

ビットコインと仮想通貨市場は再び盛り上がるか?

これまでのところ、BTCは株を上回り、4,000ドルのレベルから着実に7,000ドルを超えている。

仮想通貨は非常に不安定であり、利益は取引した期間によって大きく異なる。ただし、ビットコインは短期間のボラティリティが高いため、日々の大幅な価格変動に慣れている経験豊富なトレーダーは利益を大きく得やすい。

しかし、BTCへの投資は個人投資家や一部の機関投資家にとっても潜在的に高い利益につながる可能性を秘めている。ゆえに仮想通貨コミュニティは、基本的に1BTCは保持することを推奨している。ただし、BTCはまだ主流投資とは言えない。

個人の関心は全体レベルで見ると比較的低く、日々の価格の急騰により買い手がビットコインをに過剰投資を行った2017年のピークレベルにはまだ戻っていない。

出典:https://bitcoinist.com/stock-market-will-lose-spring-in-2020-bitcoin-crypto-boost/
US Stock Markets to Have a Slow 2020, Will Investors Turn to Bitcoin and Crypto?

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    銀行は規制が整い、仮想通貨に投資する機会を待っている

    金融ジャーナリストのRebecca Harding(レベッカ・ハーディ…

  2. 仮想通貨全般/経済

    SBIも仮想通貨マイニング事業に参戦

    SBIホールディングスは19日、米ヘッジファンド(CoVenture …

  3. 仮想通貨全般/経済

    韓国の財務次官「仮想通貨はフィアット通貨の脅威となる可能性がある」

    韓国の戦略金融財務次官であるキム・ヨンジン(Kim Yong-jin)…

  4. 仮想通貨全般/経済

    バイナンス、近日中に独自ステーブルコインを発行予定

    仮想通貨取引所最大手のBinance(バイナンス)は独自ステーブルコイ…

  5. 仮想通貨全般/経済

    金融庁、仮想通貨交換業7社に対して行政処分。コインチェックは2度目。

    金融庁は8日、仮想通貨交換業を営む7社に対して以下の行政処分を行ないま…

  6. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨市場、3650億ドルに到達。強気相場の始まりか?

    今週CCNが仮想通貨市場が3500億ドル規模にむけて続伸、注目を集めて…

過去記事

新着記事

PAGE TOP