ビットコインの月足MACDがデッドクロス、12月の運命を予感させる

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

ビットコインの月足MACD指標の弱気なクロスが、困難な時代が待ちうけていることを示唆している可能性がある。このようなクロスは、BTC価格の26週間移動平均(MA)が12週間MAを上回ったときに発生する。

弱気な領域へのクロス

「Byzantine General」が昨日ツイッターで指摘したように12週間MAは、月単位で26週間のMAを下回った。これは、短期的なマイナス傾向が、BTC価格の基本的な値動きよりも大きな影響を与えていることを示している。

一般的に、より大きな時間枠の指標はより強いシグナルを与えるため、月間チャートの弱気なクロスは特に悪いと見える。

ビットコインは、2018年の仮想通貨の冬が終わり、300%を超える上昇を見せた今年の初めから価格上昇の勢いを取り戻すのに苦労している。

それ以来、市場は時折ブレイクアウトの兆候を伴いながらも、ゆっくりと下降傾向にあるが、上層の抵抗ラインを突破できそうに無い。同様に、時々下落が発生するも、これまでのところ強力なサポートに支えられている。

出典:https://bitcoinist.com/bitcoin-death-cross-on-monthly-macd-spells-doom-for-december/
Bitcoin Death Cross On Monthly MACD Spells Doom For December

タイトルとURLをコピーしました