リトアニア:2020年に世界初の収集可能なブロックチェーン発行コイン

ブロックチェーン
この記事は約2分で読めます。

新たなフィンテックおよび仮想通貨のハブとしての地位をさらに確立するため、リトアニアは世界初の収集可能な仮想通貨コインを発行する。記念コインは、1918年の独立法に捧げられており、その際の20人の署名者がコインの特色となっている。

仮想通貨に易しいリトアニア

リトアニア銀行は、2020年春にこれらの世界初のデジタルコレクターコインを発行する予定だ。

ブロックチェーンでのリリースが予定されている合計24,000枚のコインがあり、それらは6つのカテゴリに分割される。リトアニア銀行理事会のマリウス・ユルギラス氏はこのように述べている。

この革新的なコインは、国の歴史における重要な役割と、独立の回復への貢献を行なった署名者を特色とします。

声明では、トークンが若い人たちをコイン収集に引き込むことを期待するが、仮想通貨やブロックチェーン技術を彼らに紹介する良い方法かもしれないと付け加えた。

コインは、中央銀行のデジタルストアでのみ特別販売され、法定通貨としては使用できないが、コレクターは、6つのランダムトークンを取得し、6つの各カテゴリすべてから1枚が収集されると、物理的な銀貨と引き換えることができる。

銀貨は、国の歴史の象徴的な日付を表す「19.18」ユーロとして評価される。

この発表は、この提案がリトアニア銀行のイノベーションとフィンテックの分野での戦略的方向性を実装するための別のステップであると引き続き述べている。

自国および国際的な企業がブロックチェーンの知識と暗号資産の快適さを向上させることを目的としている。

昨年、バルト海の小さな国、リトアニアは、ロシアのマネーロンダリングを恐れて暗号資産の規制枠組みを刷新した。ただし、仮想通貨の優位性をめぐって同様に熱狂的な隣人と競合するため、業界全体に対して前向きな姿勢を持っている。

 
出典:https://bitcoinist.com/world-first-collectible-crypto-coin-issued-2020/
World’s First Collectible Crypto Coin to be Issued in 2020

タイトルとURLをコピーしました