ビットコインが今後数年で10倍以上の利益を生み出す理由とは?

ビットコイン(BTC)
この記事は約5分で読めます。

ビットコインは、年の終わりには年初のほぼ2倍の価格になりそうだ。長期的なトレンドは依然として非常に強く、これらの利益は今後数年間続く可能性がある。

ビットコインは前年比90%以上増加

昨年のクリスマス、ビットコインの価格は約3,800ドルだった。昨年の過去最高値から80%以上失う残忍な下げトレンドであった。

12か月後、仮想通貨のキングは、ほぼ50%の修正を行った後、7,300ドルを維持している。適切なタイミングで売買している人にとっては安値が切り上がり、利益は継続している。

ほぼすべてのアルトコインにとって苦痛だった1年で、ビットコインは90%以上増加した。もし、このパターンが続き、半減期後に強気相場が発生した場合、来年の安値は5桁に達する可能性がある。

トレーダーでありアナリストのJosh Rager氏は、株式のリターン率を示しながら、今後数年間でビットコインの潜在的な利益がさらに大きくなる可能性を投稿した。

これらの株式のリターンには驚くべきものの、現在のビットコイン価格7,000ドルからでさえ、似たような利益を得られる可能性がある。
ポテンシャルは1000%以上のリターン、今後10年先だけではない、もしBTCが75000ドルから10万ドルに到達すれば。そうなってくれればいいのに。

ブロックタウンキャピタルのマネージングパートナーであるJames Todaro氏は、ビットコインが2019年のすべての上位銘柄を上回り、過去10年間で最高のパフォーマンスを発揮していることを示す動画を投稿した。

10年間で最高のパフォーマンスを発揮した投資の一部。皆さんハッピーニューイヤー。 *ビットコインは、2012年にCoinbaseで公開取引されました

わずか数年で、BTCはガレージでオタクがゲーミングリグでマイニングする実験から、世界的に取引可能な資産となった。

多くのアナリストは、2020年には特に半減期がFOMOを巻き起こし史上最高を付けると予想している。最近、噂となったストックフローモデルから推察すると、5万ドルあたりの価格も予想されている。

BitMEXは、来年に向けていくつかの予測を行っており、ビットコインのピーク時の上限は15,000ドルだとしている。また、現在70%を超えるドミナンスは75%を超えず、30%は維持すること示唆している。これらの予測はもちろん外れる可能性が大いにある。

2020年予想:
-BTCは2000ドル以上、15000ドル未満
-BTCドミナンスは75%未満、30%以上
-CSW曰く:2021年は中国のマイニングがシャットダウンされ100万枚のコインが市場へ流れる
-MATICが80%以上下落する。

結論として、今年はビットコインがいくつかのアルトコインを除くすべてを上回った。アルトシーズンは訪れることなく、イーサリアムやXRPなどの時価総額上位のコインは、2019年よりも低い価格で終了している。

年の瀬が近づくにつれて価格の予測が豊富になり、BTCの方向性が唯一、上がっていることにほとんどの人が同意している。

 
出典:https://bitcoinist.com/why-bitcoin-will-generate-1000-returns-in-the-next-few-years/
Why Bitcoin Will Generate 1000%+ Returns in the Next Few Years

タイトルとURLをコピーしました