2020が仮想通貨にとって過去最高を記録する理由

経済/社会
この記事は約4分で読めます。

今年は、仮想通貨の大半が年初よりも低く終わりつつあることなど忘れてしまうかもしれない。

2020年は大きく異なる可能性があるとの予測が多く出ている。その理由は次のとおりだ。

仮想通貨の明るい未来

仮想通貨の時価総額は現在、昨年の今頃よりも50%高くなっているが、それは主にビットコインが占めている。アルトコインの大部分は、実際には2019年の初めよりも低く取引されており、多くのアルトコインにとって痛い年となった。

しかし、2020年にリバイバルと新高値をもたらす要因はいくつかある。今、世界的に経済的懸念が高まっており、中央銀行は景気後退を避けるために、より極端な措置を講じている。

マイナス金利と量的緩和は金融市場に大きな圧力をかけ、フィアット通貨は切り下げの脅威にさらされている。すでにいくつかの国が大規模なハイパーインフレに苦しんでおり、人々は安全な避難所として仮想通貨に目を向けている。

資産価値の歪みにより、投資家はビットコインなどの、よりリスクの高い投資家に目を向けることもあるだろう。さらに、世界の負債は急増している中、株式と不動産は史上最高値である。ミレニアル世代は火傷したくないので、業界アナリストが推察するように仮想通貨に移行する可能性がある。

ミレニアル世代の半数近くは、ビットコインを購入する可能性が高いと言われています。それは何故か?株式と不動産は史上最高であり、金利は常に最低です。世界の負債は250兆ドルがあり、前の世代が食い物にしました。ビットコインは、この世代の先を行く方法です。

トランプ米大統領は、保護主義の名の下で世界貿易協定にマイナスの影響を与えながら、株式市場の活気を維持するために何でもするので、米国の選挙は自身の役割を果たすだろう。

ビットコインの半減期は無視することはできず、イベント後に上昇が発生する可能性がある。マイニングの収益性にマイナスの影響があるかもしれないが、インフレの減少とストック対フロー比の倍増はビットコインにとっては強気材料だ。

また、イーサリアムは、主要なコンセンサスの初期段階を経て、新たな投資機会をもたらす利害関係の証明へのネットワークのアップグレードを行う。今年はステーキングオプションを備えた他のトークンが好調に推移したため、ETHはセレニティが最終的に日の目を見始めたときに市場の勢いを促進する可能性があるだろう。

現在、仮想通貨業界には多くの悲観論があり、検索トレンドは減少し、ほとんどの仮想通貨はピーク時からまだ90%低下し、流動性がないときているので一般の関心は衰えている。この新年は、最後のバブルから2年が経過したため、物事を活性化させる可能性がある。

機関投資家の関心は常に高まっており、先物などの商品が必ずしも価格を押し上げるわけではないが、十分な資金を持つ人々の間で認識と採用を増やしている。

2019年は仮想通貨にとって最大の年とはならず、仮想通貨のほとんどは得られたすべての利益を捨てている。ビットコインと他の一握りのみがなんとか生き残ったが、2020年の見通しはずっと明るいようだ。
 
 

出典:https://bitcoinist.com/why-2020-will-bring-record-highs-for-cryptocurrencies/
Why 2020 Will Bring Record Highs For Cryptocurrencies

タイトルとURLをコピーしました