次のビットコイン上昇を刺激する3つのファンダメンタル

ビットコイン(BTC)
この記事は約3分で読めます。

この6週間でビットコイン価格については底近辺であると唱えるトップアナリストが増えた。

ファンダメンタルは強化されており、現在、3つのファンダメンタルズが、BTCの次の強気トレンドを誘発する火付け役になると考えられている。

ビットコインは1月3日に6,800ドル付近まで下落したものの、現在はレジスタンス(抵抗)ラインの7,500ドル付近を推移している。

イランの標的に対する米国の軍事行動が引き金とも噂される今回の上昇は、その利益を保持したままであるものの、長期的な構想はまだBTCがレンジ内におさまっていることを示している。

8,000ドルを超えるまではこれ以上の推進力は無さそうだが、これから紹介する強化されたファンダメンタルズは、強気筋が戻ってくる触媒になる可能性がある。

ハッシュレートが高い

bitinfocharts.comによると、ハッシュレートは114.5 EH/sという記録的な高値に達した。

これは、業界のオブザーバーが指摘しているように、2017年後半のバブル時の8倍である。

#Bitcoinハッシュレートは、過去最高の119,354,000 Th/sに達しました。
これは2017年にハッシュレートが20,000ドルの最高値になった時の8倍です。
ビットコインのファンダメンタルは#BTC価格が間もなく爆発することを教えてくれています!

ハッシュレートは価格と直接相関していはいないが、一般的なビットコインネットワークの健全性が良い兆候である。

ビットコイン半減期が近い

5か月後の半減について言及せずして完結するビットコインの記事はない。

4年に1回のイベントがマイナーの収益性に悪影響を及ぼし、ハッシュレートに影響するという指摘がいくつかある。また、優れた市場の仮説では、市場は既知のイベントが発生するのを待たずに、投機が増加するにつれてイベントを予測して動くことを示している。

ストック、フローとビットコインのエネルギーバリューモデルが全て、より大きな上昇を避けられないことを示唆している。

セーフ・ヘイヴン・アセットとなりつつある

ビットコインが安全な避難所資産として定着していることは疑いようがない。ピーター・シフ(Peter Schiff)氏のような人が何を不満に考えているかに関係なく、BTC価格は先週遅く、悪いニュースが流れ始めた際に、金と石油とともに回復した。

経済的な問題、ハイパーインフレ、資本規制を抱える国のローカルビットコインの量は昨年急増しており、これが2020年まで継続しない理由はない。

銀行の救済措置が強化され、世界的にマイナス金利へ落ち込み、貯蓄者を罰し、より多くの債務者の蓄積を促している。より多くのお金を印刷することは、世界の中央銀行に対する答えであるが、それは完全に持続不可能である。

前任者がそうしていたように、ハイテクに精通した若い世代は、銀行に焼かれたくはないだろう。彼らの将来のために安全な避難所の分散型資産を求めていて、ビットコインはすべての条件を満たすだろう。

出典https://bitcoinist.com/three-bitcoin-fundamentals-will-spark-the-next-rally/
3 Bitcoin Fundamentals that Will Spark the Next BTC Rally

タイトルとURLをコピーしました