SBI、GMOがテキサスで大規模マイニング計画か

経済/社会
この記事は約2分で読めます。

おそらく世界最大規模のビットコインマイニングに、2つのトップ企業、「SBIホールディングス」と「GMOインターネット」が仲間入りすると見られる。

ブルームバーグの情報筋によると、両企業は、最近、米Whinstone社によって建設されたテキサス州ロックデールにあるマイニング施設を借りる予定であるという。企業は「今後数ヶ月以内に」採掘を開始する予定であり、関係企業は尋ねられてもコメントはしないと付け加えている。

施設が稼働すると、おそらく世界最大のビットコインマイニング施設になり、300メガワットから2020年末までに1ギガワットに拡大すると見られる。

これに対し、現在大手のBitmainがライバルとなるマイニング施設を建設した。これもロックデールにあり、世界最大のものとして宣伝されている。これは、25~50メガワットの容量から開始し、おそらく300メガワットに拡張する予定だ。

インターネット大手のGMOは、ロックデールの施設の設立にも関与したと言われている。 11月、Whinstone社は、データセンターの建設と設置に1億5,000万ドルの費用がかかると見積もっていた。最初の300メガワットの電力は、第1四半期にオンラインになると予想され、1ギガワットは年内に達成される予定だ。

Whinstone社がテキサスプロジェクトを開始した直後、同社はドイツに本拠を置くNorthern Bitcoinに買収されている。NorthernBitcoinは、ノルウェーで既に再生可能電力を利用するマイニング施設を運営している。同様に、テキサス州は安価な風力発電が利用できるため、ブルームバーグによると、この場所が選ばれた可能性があるとしている。
 
 

出典:https://www.coindesk.com/sbi-gmo-to-rent-capacity-at-massive-bitcoin-mine-in-texas-report
SBI, GMO to Rent Capacity at Massive Bitcoin Mine in Texas: Report

タイトルとURLをコピーしました