ピーター・シフ氏のビットコイン1000ドル予測が大ハズレ、金は4%下落

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

ビットコインは14日、力強く上昇し8500ドルを超えた。ビットコインが間もなく1000ドルまで下落すると予測した、金(ゴールド)の支持者、ピーター・シフ氏の予測は大きく外れた。

ビットコインはこの1週間で7.5%上昇しているが、Kitcoのデータによると、逆に金は4%下落している。

直近1ヶ月の金価格(USD)

金は1,500ドルまで下がると予想されている

1月8日に1,610ドルの最高値に達した後、金は下落し、執筆時点で1,552ドルで取引されている。

この傾向は、仮想通貨サポーターにとってより顕著であり、イランを中心とした地政学的な混乱がビットコインの価格パフォーマンスを支えているように思える。誰もが同意しているわけではないが、一般的に話される理論では、ビットコインと金の両方がそのような政治的不安定性から上昇すると考えられている。

「日足のローソク足チャートから、金が買われすぎているためリトレースメントの低下が、当分の間、発生するように見えます。」と、スイスのトレーダーDukascopyのアナリストが13日に発言したことをKitcoは述べている。

また、彼らはXAU(金)/USD価格がさらに低下して、短期的には1500ドルでサポートが効くのではと付け加えた。

シフ氏のBTC「パターン」は当てにならず

仮想通貨嫌いで有名なピーター・シフ氏は、BTC/USDがいわゆる「ヘッド&ショルダー」のパターンを示しており、2017年初頭以来、最低価格の1,000ドルまで間もなく下がると11月に述べていた。

予測が実現しなかっただけでなく、新年のわずか2週間で、金を確実に打ち負かしたのはビットコインであった。2020年が始まるほんの数日前、シフ氏は「ビットコインが唯一の回復しない資産である」と不平を言っていた。

出典:https://cointelegraph.com/news/peter-schiffs-bitcoin-1-000-prediction-falls-flat-as-gold-drops-4
Peter Schiff’s Bitcoin $1,000 Prediction Falls Flat as Gold Drops 4%

タイトルとURLをコピーしました