バイナンスCEO「ビットコイン半減期はまだ価格に織り込まれていない」

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

巨大仮想通貨取引所バイナンスの創設者兼CEOであるジャオ・チャンポン氏は、ビットコイン(BTC)の現在の価格が今後の半減期イベントをまだ織り込んでいないと示唆した。

ジャオ氏は、2月20日のインタビューで、ビットコインの価格が今後さらに上昇すると主張している。

歴史的観点から、ビットコインの半減期がコインの価格にプラスの影響を与えてきたと説明。歴史的な出来事が必ずしも将来の出来事を予測するとは限らないことを認めたが、マイナーは1枚のコインを採掘するために今までのほぼ2倍の労力を費やさなければならないだろうと指摘した。

ジャオ氏は、資産の価格は生産コストではなく需要によって決定されるが、マイナーがコストを下回って売ろうとはしないと予想していると述べた。

需要は増加しているが、供給は減少している

ジャオ氏は、ビットコインのブロック報酬が低いことのもう1つの結果は、インフレの低下であり、これも価格上昇の助けになると述べた。

彼は、生産率される数が少なくなることの効果は、スペース内のユーザーの増加によって増強されるとして、次のように述べている。

需要サイドは増加し、供給サイドは減少しています。

しかしながらジャオ氏はまた、ビットコインの価格をしばらくの間10,000ドル以内で押さえつける抵抗があると予測し、次のように述べている。

切りのいい数字には心理的な障壁があります。したがって、10,000(ドル)は非常に良い区切りであるため、価格はその前後を変動するでしょう。

投資家はビットコインにますます強気

ビットコインの価格は再び10,000ドルを下回ったが、多くの専門家によると、ビットコインの見通しは概ね前向きである。

最近、コインテレグラフの市場アナリストであるキース・ウェアリング氏は、今週、ビットコインの上昇50日移動平均が200日移動平均線を超えたと報告した。

このまれな強気の兆候は「ゴールデンクロス」として知られ、以前は170%の価格上昇を引き起こした強気のイベントのおかげで、わずか2か月でビットコインが26,000ドルに達することもあったと述べている。

タイトルとURLをコピーしました