SEC、ICOを違法に宣伝の罪で俳優のスティーブン・セガールに314万ドルの罰金

経済/社会
この記事は約2分で読めます。

かつて格闘映画で人気を集めたハリウッド俳優でありプロデューサーのスティーブン・セガール氏は、2018年にICOを宣伝したために受け取った利益を開示しなかったという米国証券取引委員会(SEC)による告発により罰金を受けた。

Bitcoiin2Genのブランドアンバサダー

2018年2月12日から3月6日まで、セガール氏はBitcoiin2GenのICOを宣伝し、彼のSNSフォロワーや暗号通貨コミュニティに対しこの機会を「逃さない」ように宣伝していた。

B2Gのプロモーションと引き換えに、セガール氏とBitcoiin2Genの間の契約によると、現金で250,000ドル、B2Gトークンの750,000ドル相当を報酬として約束されていた。

セガール氏は報酬を開示していなかった

SECは、この報酬について、記者発表や他のどこにも、言及したことはないと指摘。B2GのICOを促進するために受け取った金額を明らかにしないことにより、彼は証券法のセクション17(b)に違反した。

セガールは自分の写真をキャプション付きでツイッターやFacebookに「#ICOの途中でソフトキャップの3/4に到達した@ bitcoiin2genにおめでとう。終了まで30日未満。お見逃しなく。」などど投稿していた。

セガール氏は、「証券取引委員会から157,000ドルの違反金、16,448.76ドルの利息、および157,000ドルの民事罰金」を支払うことに同意した。さらに、SECの調査結果を認めも否定もしなかったものの、3年間いかなる証券も宣伝しないことに同意した。

出典:https://micky.com.au/sec-fines-actor-steven-seagal-314000-for-illegally-promoting-ico/
SEC fines actor Steven Seagal $314,000 for illegally promoting ICO

タイトルとURLをコピーしました