安全資産の戦いの中で金がビットコインより優勢に

ビットコイン(BTC)
この記事は約4分で読めます。
1日、金は急回復し、世界共通の資産の安全な避難所としての役割を果たしている兆しを見せている。一方でビットコイン価格はすぐれない様子だ。 週末に衝撃的な中国経済のデータが発表された後、金価格は1日に2%以上上昇したため、投資家は従来の安全な避難所に再び集まった。 一方でダウ、そしてより広範な米国株式市場の先行きは、急速に広がるコロナウイルスが世界経済を不況に引きずり込む可能性があるという懸念から新たに急落した。

ゴールドが反発

金の価格は1日に急回復し、1トロイオンスあたり2.5%上昇して1,605.50ドルになった。 [caption id="attachment_7966" align="alignnone" width="768"] 金曜日の急落の後、値を戻すゴールドのチャート[/caption] 2月28日、金は4.7%下落し、2013年以来の大きな下落を示した。クラッシュの背後にある状況はやや不透明であるが、市場の低迷の中でのマージンコールが引き起った。 金の大きな売却が行われるまで、コロナウイルスの数週間にわ渡る広がりに伴い、価格は上昇していた。先週の最高値で、金はニューヨークの取引で1オンス当たり1,691.70ドルに達していた。 28日にさらに大きな売りを浴びたシルバー先物は、3月1日の夕方1トロイオンス16.86ドルで40セント、または2.5%増加した。 ワールドゴールドカウンシルのマネージングディレクター、ジョセフカバトーニ氏は、「コロナウイルスは金価格を押し上げる多くの触媒の1つにすぎない」と説明している。

生命線である中国の経済

中国からの最新のデータが、コロナウイルスによって経済の深刻化する亀裂を示した後、投資家は1日の日曜日の夜、非常に警戒していた。 中国の製造業PMIは、前月の50.0から2月に35.7の記録的な低値まで暴落した。 PMIスケールでは、50未満は経済活動の縮小を意味する。サービス指数は、1月の54.1から29.6に急落した。 キャピタル・エコノミクスによると、中国経済は前年同期比でこの四半期に縮小する軌道に乗っており、少なくとも1990年代以来初めてのケースとなっている。 コロナウイルスの大発生が起こる前でさえ、中国の経済は長引く貿易戦争と製造業の生産低迷から揺れ動いていた。GDPの縮小は、予見可能な将来にわたって世界経済を軌道から外すのに十分であろう。 アルジャジーラは、コロナウイルスが世界経済を混乱させる可能性があると報道している。

ビットコイン買い勢(ブル)は沈黙

ビットコインを世界の準備資産として販売しようとする仮想通貨愛好家は、過去数週間にわたって追い込まれた。ビットコインは、金や国債などの従来の安全な避難所と仲間になれなかっただけでなく、仮想通貨のナンバーワンは次のステップがくじかれてしまった。 ビットコインの価格は、2月12日の最高値である10,500ドルから17%以上下落している。現在は、長期にわたる極めて重要なサポートの200日移動平均を下回っている。 [caption id="attachment_7967" align="alignnone" width="768"] ビットコインは、安全資産としての需要に応えて回復することに失敗しただけでなく、現在、長期的なテクニカルサポートラインの下で取引されている。[/caption] ビットコインは依然として年間ベースで金を上回っており、インフレを上回ってより良い仕事を続けているが、経済的および金融的混乱の期間中に資本を吸い込む従来の安全な避難所のようには、ここ最近振る舞っていないようだ。 しかし ビットコイン・ブルは、お気に入りの仮想通貨が先週の株式市場の大幅下落の後半において、その間安定していたという事実には満足かもしれない。 出典:https://www.ccn.com/gold-is-destroying-bitcoin-in-the-battle-of-the-safe-havens/ Gold Is Destroying Bitcoin in the Battle of the Safe Havens
タイトルとURLをコピーしました