仮想通貨全般/経済

ウォーレンバフェットのシェールオイルへの投資はクラフトハインツの二の舞となるか

原油価格が急落、オクシデンタル・ペトロリウム(米石油、ガス及び化学企業)は最も大きな打撃の1つとして浮上した。ウォーレン・バフェットはこの2019年の投資をやり直したいと思っているかもしれない。

「オマハの賢人」と呼ばれるウォーレンバフェットにとって、オクシデンタル・ペトロリウムへの出資は珍しい失敗の1つだ。

投資家としてのウォーレンバフェットの記録は他の追随を許していない。1960年代半ばから2018年にかけて、バークシャーハサウェイ(NYSE:BRK.A)は、S&P 500の9.7%に対して、20.5%の複合年間利益を得た。同期間の全体的な利益は2,472,627%であった。

しかし、5年前のクラフトフーズへの悲惨な投資は、オマハの賢人が100%完璧ではないことを証明した。シェールオイルの生産者であるオクシデンタル・ペトロリウム(NYSE:OXY)への最近の投資は、バフェットの後悔の山をさらに増やす可能性がある。

サウジアラビアが週末に始めた原油価格戦争の後、OXYは月曜日の終わりに53.4%急落した。バークシャーハサウェイがシェールオイルのパイオニアで18,933,054株を所有していることから、これは月曜日のセッションで2億6,800万ドル(約278億円)以上の損失となった。

バークシャーハサウェイは、オクシデンタル・ペトロリウムの約1900万株を保有している。 |出典:CNBC

ウォーレンバフェット、2015年以来の最大の投資ミスか?

バークシャー・ハサウェイ社は、オクシデンタルの普通株式を平均価格41ドルで取得した。これに基づいて、バークシャー・ハサウェイ社のオクシデンタルへの出資は月曜日の終わりまでに、約7億8,000万ドルからわずか2億4,000万ドルに急落した。

火曜日に損失の一部を減らしたものの、オクシデンタルは原油価格が低いままである限り、安定しないだろう。ブレント原油先物の価格はまだ40ドル以下である。サウジアラビアが市場シェアをめぐるロシアとの全面戦争で、オクシデンタルのようなシェール生産者は、生産コストが高くなるため、厳しい状況に陥ることとなる。

昨年サウジアラムコは、2018年の平均原油生産コストが1バレルあたり2.80ドルであることを明らかにした。

ロシアは悠々と、米国と比較して1バレルあたり18ドルの陸上生産コストを抑えている。

高い掘削コスト

一方、米国のフラッカーの生産コストはサウジアラビアの15倍以上である。その生産コストはロシアの2倍以上だ。

ダラス連邦準備銀行によれば、オクシデンタルがトップ生産国であるペルム紀流域の損益分岐点価格は、1バレルあたり48ドルから54ドルの範囲だ。

生産コストにおける原油価格が損益分岐点価格を下回る場合、オクシデンタルはどのように競争できようか?

さらに悪いことに、供給過剰と需要ショックに直面して、原油価格はさらに下落する可能性がある。たとえば、ゴールドマンサックスは、原油価格が1バレルあたり20ドル近くまで下落すると予想しているのだ。

オクシデンタル・ペトロリウムの高いD/Eレシオ

原油価格の急落は、大きな負債となりオクシデンタルにとって悪いタイミングとなった。債券利回りが世界中で急落したとき、投資家はオクシデンタルの4.4%債券から逃げている。

借金の大部分は、石油生産者によるアナダルコ買収の資金調達に充てられた。現在、その長期債務は380億ドルを超えている。

ウォーレンバフェットが「間違いを犯した」と認めたクラフト・フーズのように、オクシデンタルはバフェットの失敗の選択肢となるかもしれない。昨年8月、バークシャー・ハサウェイがクラフト・ハインツへの投資で50億ドル近くを失った際には、バフェットは2015年にクラフト・フーズに高すぎる代償を払ったためだと認めている。

 
出典:https://www.ccn.com/warren-buffetts-shale-oil-investment-could-turn-into-another-kraft-heinz-disaster/
Warren Buffett’s Shale Oil Investment Could Turn Into Another Kraft Heinz Disaster

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    トランプ氏当選で日本株相場・為替相場大荒れ、ビットコインは上昇

    昨日9日(米8日)のアメリカ大統領選挙が行われ、多くの人がヒラリー・ク…

  2. 仮想通貨全般/経済

    世界資産レポート「若き億万長者は仮想通貨投資に興味がある」

    コンサルタント会社「Capgemini」(キャップジェミニ)による、ワ…

  3. 仮想通貨全般/経済

    送金手数料が無料!?リップルの技術を使った「Money Tap」がダウンロード開始

    本日4日、SBIホールディングス株式会社の子会社で電子決済等代行業を営…

  4. 仮想通貨全般/経済

    2020年、Facebookが独自仮想通貨グローバルコインを発表するとBBCが報道

    英BBCの報道によると、ソーシャルメディアの大手フェイスブックは、20…

  5. 仮想通貨全般/経済

    ビットポイントがハッキング被害、35億円相当の仮想通貨が不正流出

    株式会社リミックスポイントは12日、子会社である仮想通貨取引所のビット…

過去記事

新着記事

PAGE TOP