コロナウイルス余波:ヴァージンアトランティック航空、85%の稼働中止で8週間の無給を言い渡されるスタッフ

社会
この記事は約4分で読めます。

さまざまなルートへ就航している航空機の段階的なカットは、4月までの間に実施されると航空会社が発表した。

ヴァージンアトランティック航空の混乱

すぐに遮断されるルートの1つに、ロンドンのヒースローからニュージャージー州のニューアークまでのルートが入っている。

速報:ヴァージンアトランティック航空は、3月26日までに毎日、約80%のフライトを削減し、それまでに飛行機の75%を接地する予定です。彼らはまた、スタッフに3か月間のうちに8週間の無給休暇をとるよう求めています。

トランプ大統領は先日、国民へ米国からの渡航禁止を言い渡した。英国の航空会社にもかかわらず、進行中のコロナウイルスの発生により、人々が旅行やや外出を自粛するよう求められているため、世界中での航空関連の業務はひどい混乱に陥っている。

ヴァージンアトランティック航空は、今後3か月間に8週間の無給休暇を取るよう従業員に求めており、航空会社は今後6か月間に従業員の給与から控除することを計画している。

給与カットをしただけでなく、従業員は2か月分の給与も失うことになる。こうしたヴァージンアトランティック航空の動きは、コロナウイルスの影響に対する実質的な救済を政府に求めている。公式声明の中で、ヴァージンアトランティック航空は次のように述べている。

実施中の追加措置

ヴァージンアトランティック航空はまた、2021年まで給与の引き上げを保留し、病欠の給与を減らし、従業員の年金拠出を減らしている。航空会社はまた、6か月から12か月の長期休暇の申し出を募っている。

しかし、こういったヴァージン航空から政府へ、救済を求める動きに対し、怒りをあらわにする者もいる。

リチャード・ブランソン(ヴァージングループ創設者)は、バージン・アトランティック航空を飛ばし続けるために、75億ポンドをボリス・ジョンソン(ロンドン市長)に懇願している。貧しい人々がこういった粗野な行為の犠牲となるだろう。

彼は英国で税金を払っていないのだから、ブランソンはこれ以上政府の支援を受けるべきではない!

コロナウイルスの影響に関して、経営幹部の犠牲は、平均的な従業員よりも少ない。CEOのShai Weiss氏は、今年の残りの期間に20%の給料を削減し、経営幹部チームは15%の給料を削減している。

リチャードブランソン氏は現在、ソーシャルメディアで批判を浴びている。

出典:https://micky.com.au/virgin-atlantic-to-ground-85-of-fleet-asks-staff-to-take-8-weeks-unpaid-leave/

タイトルとURLをコピーしました