トランプ大統領が株式取引の停止と米国の旅客機の運航中止を検討、ビットコインは誰も停止できない

経済/社会
この記事は約3分で読めます。

コロナウイルスの発生と迫り来る景気後退をきっかけに、ドナルド・トランプ米大統領と彼の政権は来週株式市場の停止を検討している。

ホワイトハウスは現在、すべての旅客機の運航中止と全国的な避難所を検討している。しかし、ホワイトハウスの官僚は、米国の旅客機の運航中止と連邦の封鎖命令の実行がウォール街に大混乱をもたらすと考えている。

パニックを抑制するため、超党派の米国代表は一時的に株取引を停止する計画を検討している。

トランプはウォール街の取引を停止し、米国の旅客便の運航中止を検討

Washington Examinerを含むさまざまな出版物によると、トランプと彼のチームは、ウイルスがさらに持続する場合、近い将来に全国的なシェルター・イン・プレイス(屋内退避)命令を発表することを考えている。

基本的に、シェルター・イン・プレイス命令とは、居住者が家にいるように求められ、緊急でない限り旅行のために居住地を離れないことを意味する。

さらには、企業に特定の商品の生産を強制するなど、いくつかの行政命令をすでに制定している。トランプと彼のチームは、米国の旅客機を運航休止すると金融市場に衝撃波を送る可能性があることを理解しており、この問題に取り組む準備ができている。

ルーズベルトからブッシュまで–過去の大統領は株式取引を停止した

主要当局者と無名の情報筋は、トランプ大統領がこれらの対処を真剣に検討していると語った、と報告書は記している。

カリフォルニアのような場所は、州全体ですでにシェルター・イン・プレイス命令を制定している。

9/11のハイジャック事件の直後にもウォールストリートは1週間閉鎖されたため、米大統領がウォールストリートを閉鎖したのは初めてではない。

1933年、フランクリンD.ルーズベルト(FDR)は、緊急銀行法によりウォール街を停止したことがある。これにより、銀行システム、ウォール街の取引、および連邦準備制度の運用は停止された。

さらに、FDRは金の買いだめを禁止し、一般の人々の金の山は取り上げられ送還された。 「ニューディール」に基づいて作成されたFDRのすべての法律は、政府の審査官が銀行の準備金を調査できるようにし、銀行が「資金的に安全」であると判断されるとすぐに再開できるようにした。

ビットコインネットワークコマンドは2009年から99.9%の稼働率

しかし、トランプ大統領でもできないことの1つに、数百万人の仲間に支えられた検閲耐性のある暗号通貨ネットワークを止めることがある。

ウォール街の取引とは異なり、2009年1月3日の開始以来99.9849602734%の時間で運用されているBTCネットワークでの取引を人々が止めることはできない。

さらに、今日では5,000以上の暗号通貨プロトコルがあり、大統領や官僚がそれらを阻止しようとしても、単純に動作し続ける。どんな政治家、政府、企業体、またはグループも暗号化を停止させることができないという事実がある。ウォール街のトレーダーは親指をいじって市場が再開するのを待つしかないが、仮想通貨の支持者は、サードパーティの干渉なしで価値を取引および交換できることを知っている。

出典:https://news.bitcoin.com/cant-lock-down-bitcoin-trump-halting-stock-trading/
Can’t Lock Down Bitcoin: Trump Ponders Halting Stock Trading, Grounding US Passenger Flights

タイトルとURLをコピーしました