コロナウイルスのパンデミックにより次の犠牲者になる可能性があるNetflix、Google、Apple、Amazon React

社会
この記事は約3分で読めます。

推定10億人が現在、自宅でリモートワークをしたり、終日インターネットで動画を見ているため、通信インフラは大きな負担にさらされている。

専門家や企業は「リスクはまだ重大ではない」と言ってはいるが、EUはインターネットがクラッシュする可能性を非常に深刻に受け止めている。

Netflix、Google、Apple、およびAmazonは、ヨーロッパでのデータ使用量を削減するためにHDビデオストリーミングを制限し始めた。

コロナウイルス危機がヨーロッパのインターネットインフラに打撃

コロナウイルス危機の震源地は最近、中国からヨーロッパへと移った。イタリアはこれまでに最も多くの犠牲者を出し、スペイン、フランス、およびその他の国も、パンデミックの急速な成長の強い影響を受けている。

政府は、ウイルスの拡散を遅らせ、曲線を描いて増える犠牲者を減らすために、市民に外出禁止令を課し、国境を閉鎖し、企業を操業停止し、通常の生活にさまざまな制限を設けることで対応している。

人々が日常的に対応するように求められた主な手段は、不要不急の外出や旅行を避けること。

そのため、ヨーロッパでのインターネットの使用が急増し、会社員はリモートで作業し、学生がオンラインで学習し、全員がビデオをストリーミングしている状態は驚くことではない。これにより、VodafoneやDeutsche Telekomなどの欧州の電気通信会社が警告を発し、EUはすぐに対応をとった。

ビデオストリーミング巨大企業の対応

最近の予測によると、ビデオストリーミングサービスは世界のインターネットトラフィックの60%以上を占め、Netflixだけで世界中のオンライン帯域幅の12%を占めている。同社は、欧州の状況をサポートするための措置を講じることを発表した市場で最初のオペレーターである。

Netflixの広報担当者は、次のように述べている。「コロナウイルスによって引き起こされた並外れた課題を考えると、Netflixはヨーロッパのすべてのストリームのビットレートを30日間削減することを決定しました。」「これにより、ヨーロッパのネットワークでのNetflixのトラフィックが約25%削減されると同時に、引き続きメンバーに質の高いサービスが提供されると考えています。」

また、Googleは子会社のYoutubeでビットレートを削減した。YouTubeでは、推定10億時間のコンテンツが毎日視聴されている。

出典:https://news.bitcoin.com/internet-next-victim-coronavirus/
The Internet May Be Next Victim of Coronavirus Pandemic – Netflix, Google, Apple and Amazon React

タイトルとURLをコピーしました