ビル・ゲイツ「アメリカはコロナウイルスによるシャットダウンを回避できるだけの迅速さがなかった」

社会
この記事は約3分で読めます。

マイクロソフトの共同創設者であるビルゲイツ氏は、現在の強制閉鎖を回避するために、米国はコロナウイルスへの取り組みにもっと早く行動すべきだったと述べている。

他の多くの国と同様、米国の経済はCOVID-19の影響から打撃を受けている。多くの州政府および地方政府は、企業に閉鎖を命じ、10人以上の集会を禁止している。

多くの企業が強制的な閉鎖から回復するに時間がかかる、または回復しきれない可能性があるため、景気後退や不況の可能性が高まっている。

そんな中、ビルゲイツ氏は米国がコロナウイルスの発生に対処するにあたり、このようなシャットダウンを回避するための機会を逃したと述べた。

「閉鎖を回避する能力を備えた十分な速さで行動しなかった。」とゲイツ氏は述べた。同氏はまた、行動する時期は、昨年12月に中国でウイルスの発生が始まってから数週間後の1月であるべきだったと付け加えた。

ゲイツ氏は、ビジネスの閉鎖はさらに6~10週間続くはずだと語ったが、そのような行動は経済にとって「悲惨なこと」になるだろうと述べている。しかしながら、彼は長いシャットダウンがコロナウイルスを封じ込めるのに不可欠であると主張している。

人々に伝えるのはとても難しいことだ。

「おい、ちょっとレストランに行って、新しい家を買いに行き、隅にある遺体の山は無視してくれよ。GDPの成長が重要であると考える政治家がいるのだから、あなたには支出を続けてもらいたいんだ。」

伝染病の最中に人々に理解を得るのは困難です…。彼らは自分の活動がこの病気を広めているということを知ることに取り組むべきです。

ゲイツ氏はまた、米国はCOVID-19のテストを強化する必要があることを強調した。「テストを整理する必要があり、優先順位を付ける必要があります。それは非常に緊急である。」と述べた。

ビルゲイツ氏と彼のような経済・社会階級の人々は、企業がさらに1~2か月のあいだ、閉鎖を余儀なくされた場合でも、ほぼ心配する必要がないだろう。彼らは嵐を乗り切る経済的手段を持ち、影響を受けにくい。

彼らの株が打撃を受けていることは事実だが、ビジネスリーダーのアンケートでは経済が1年以内に回復するだろうという楽観論を表明した。しかし、平均的な労働者、毎月の給与で生活が成り立つ者はそんな悠長は言ってられない。

レストランなど多くの中小企業は、コロナウイルスのせいで閉鎖を余儀なくされ、失った多くの仕事の経済的、そして社会的影響は言うまでもない。

また、COVID-19との闘いで取られた措置は、2009年の豚インフルエンザの流行中、10年前に実施された措置よりもはるかに厳しいことも注視すべきである。

豚インフルエンザ(H1N1)により、6,080万人のアメリカ人が感染し、274,000人が入院を必要とし、12,469人が死亡した。その数字にも関わらず、米国の経済はその間にシャットダウンされなかった。取られた主な措置は、学生が感染した場合、州および地方自治体が学校を短期間閉鎖することであった。

そのようなH1N1数を今日のコロナウイルスと比較してみてほしい。これまでのところ、米国では54,808件の症例が登録されており、775人が死亡している。より多くのテストが行​​われるにつれて、数は確実に増えるだろう。

タイトルとURLをコピーしました