ビットコイン6600ドルで跳ね返り、短期的な価格修正からか動きが弱い

ビットコイン(BTC)
この記事は約3分で読めます。

ビットコインは8%以上上昇しており、対米ドル価格で6,500ドルのレジスタンスエリアを破った。しかしBTCの価格は現在、6,600ドルをクリアするのに苦労したため、短期的には価格修正する可能性がある。

ビットコインが8%増加

6,000ドルより上のエリアでの取引が成功した後、ビットコインの価格は対米ドル価格の根固めを行った。その結果、BTCの価格は6,200ドルのレジスタンスと100時間ごとの単純移動平均を超えて着実に増加し始めた。

価格はペースを上げ、6,400ドルのピボットエリアを超えて取引された。8%以上上昇し、6,500ドルのレジスタンスを超えた。高値は6,641レベル近くに形成され、価格は6,600を超える強さを獲得するのに苦労しているようだ。

ビットコインは現在、安値を修正しており、6,500ドルを下回っている。最近の上昇の23.6%Fibリトレースメントレベルを5,846ドルの安値から6,641ドルの高値に突破している。

懸念される面としては、最初のサポートの6,400ドル近くだ。また、BTC/USDペアの時間足チャートでは、6,420ドル近くのサポートを形成する強気トレンドラインがつながっている。

トレンドラインサポートの下で、価格は6,300のエリアと100時間あたりのSMAが試される。主なサポートは 6,240ドル付近で形成されているようだ。これは、最近のラリーの50%Fibリトレースメントレベルに近い 5,846ドルから6,641ドルに下がっている。

ブルが6,300ドルと6,240ドルのレベルを守りきれない場合、弱気の波が発生するリスクがある。

弱気シナリオでは、価格は6,000ドルのレベルに急落する可能性があるだろう。

強気シナリオは?

ビットコインが6,400ドルまたは6,300ドルを超えて安定している場合、6,600ドルのレジスタンスエリアを超えて強さを増すテストが行われる可能性がある。

6,600ドルのレベルを上回った成功と6,640ドルを超えた達成感から、おそらく6,800と7,000ドルのレジスタンスレベルへの適切な上昇を引き起こす可能性がある。

テクニカル指標

毎時MACD – MACDは現在、強気ゾーンで勢いを失っています。

毎時RSI– BTC / USDのRSIは現在、50レベルに向かって下方修正されています。

主要サポートレベル: 6,400ドル、続いて6,300ドル。

主要レジスタンスレベル: 6,600ドル、6,640ドル、および6,800ドル。

出典:https://www.newsbtc.com/2020/03/31/bitcoin-just-rejected-6600-short-term-correction/
Bitcoin Just Rejected $6,600 and Its Vulnerable To a Short-Term Correction

タイトルとURLをコピーしました