米国の景気後退は暗号通貨業界にどのような影響があるのか?

ビットコイン(BTC)
この記事は約3分で読めます。

コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックは、経済と市場全体を揺るがした。ビジネスの自信は今や地に落ちちている。予期しないレイオフと工場閉鎖に加えて、状況は米国経済と米ドルに大混乱をもたらす大きな嵐であるかもしれない。暗号通貨業界にどのような影響があるのだろうか?

米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長によると、州はすでに「不況に陥っている」可能性があるとしている。さらに、被害が元に戻らない可能性があるとの懸念を表した。

しかし、これと通常の景気後退の違いを指摘しておきたい。私たちの経済にファンダメンタル的に悪いことは何もない。全く逆です。私たちは非常に強いところから出発しています。

バンク・オブ・アメリカのエコノミストは、米国が不況の状態にあると公式に宣言し、失業の増加は不況が経済に与える影響の指標の1つとして挙げている。

その間、FRBはいくつかの措置を講じて、米国経済を激しい市場スパイラルから緩和した。たとえば、昨年3月16日、FRBは政府借入の金利をほぼゼロに引き下げた。これは、支出と投資を刺激するために多くの中央銀行によって行われるものだ。

BTCの最近の価格変動

覚えているかもしれませんが、ビットコイン(BTC)は2週間前4,000ドルまで下がった。 ETH、EOS、BNBなどの同様の暗号通貨でも大幅な値下げが発生した。これらはすべて、ダウ、ナスダック、S&Pなどの伝統的な投資市場の衰退から始まった。

しかし今週、BTCは6,000ドル半ばのエリアを取り戻した。この価格の動きは、COVID-19によって引き起こされた市場のダメージを乗り切る経済を強化するために、刺激策をまもなく投入するとのFRBの発表に続いた。しかし、フィアットの金融市場の見通しは、いまだに暗いままである。

この市場の状況を目撃して、コミュニティの多くがBTCを「安全な避難所」として指摘し始めている。

リセッション入りした場合のBTCのシナリオは?

起こりうる可能性がある2つのシナリオがある。強気と弱気のシナリオ。弱気の場合から始めよう。

『弱気シナリオ』
TradingViewの暗号アナリストによると、経済危機はBTCの価格を引き下げる。一般の人々が「危機と失業を心配している場合、人々がしたい最後のことは、いくつかのクレイジーな暗号通貨について推測することです。」

この懐疑論と市場の将来に対する不確実性の欠如により、多くの人が食卓に食料を確保できるようにするためだけに、暗号通貨を売却するよう促される可能性がある。

『強気シナリオ』
ベネズエラとジンバブエで起こったこと(ハイパーインフレーションなどの経済危機)からBTCの強気のケースの良い例が見られ、BTCは並外れた取引量を示した。

市場が適切に機能していないこれらの場所では、フィアット投資も信頼できなくなっていった。このような状況では、従来の投資よりも信頼できる金融投資として、より多くの人々がBTCに引き寄せられる可能性がある。

BTCは、フィアット市場が暗号よりも優れていることを証明できない場合、突然「安全な避難所」と見なされる可能性がある。

米国の不況によるBTCへの影響は依然として不明

ここからどうなるかを推測するのは難しい。

しかし、ウイルスの経済的影響に対処する政府のアプローチ、社会的改善策、およびウイルスが終息するまでの期間は、今後数日間監視する要素として残ることは確かである。

ビットコイン半減期はまだ来ておらず、多くのことがまだ起こり得る。結局のところ、人々がBTCへの投資を行うことにどれだけ自信を持っているかということだ。

出典:https://micky.com.au/us-recession-how-will-it-impact-the-crypto-industry/
US recession: How will it impact the crypto industry?

タイトルとURLをコピーしました