彼は危機を待っていた。ウォーレンバフェットは世界で最も裕福な男になるかもしれない

経済/社会
この記事は約3分で読めます。

ウォーレン・バフェット氏は、彼の莫大な予備キャッシュにより、コロナウイルス危機の間に企業を助け、買収する。利益は膨大となるだろう。それはバフェットが世界で最も裕福な男としてジェフ・ベゾス氏を追い抜くほど十分に膨大となるかもしれない。

2008年、ウォーレン・ バフェット氏はマイクロソフトの共同創設者であり世界で最も裕福な人物、ビル・ゲイツ氏を失望させた。当時、世界は世界的な金融危機の影響から崩れかけていた。しかし、オマハのオラクルは数百億ドルを稼ぎ、緊急に資金を必要とする企業に資金提供を行った。

12年後、世界はより深刻な危機に瀕しており、伝説の投資家はさらなる大儲けを狙っている。バフェット氏は、困難な企業を高額な価格で救済すると見られている。

バフェット氏は現在、世界で4番目のお金持ちであり、純資産は705億ドルである。しかし、この危機が終わる前に、彼はジェフ・ベゾス氏の1,169億ドルの富を追い抜くのに十分な資産を持っているかもしれない。

なぜなら、バフェットのバークシャーハサウェイ社(NYSE:BRK.A)は1,280億ドルもの大枚のボートに乗っているからである。

バフェット氏の現金準備金の推移

2008年の世界的な金融危機の間、オマハのオラクルは銀行や企業に生命線を投じることで数十億ドルを稼ぎだした。同じ戦略を再度採用することは、精通した動きであろう。

ゴールドマンサックスは、2008年の危機の最中で、銀行部門の流動性が枯渇したため、必死に資金を調達する必要があった。バフェット氏は銀行に50億ドルを投資し、それによりバークシャー・ハサウェイは3年後に37億ドルの利益を生み出した。彼はバンク・オブ・アメリカについても同じことをした。彼の50億ドルの投資は彼に170億ドル相当の利益をもたらした。

10年以上のあと、ウォーレンバフェットが再び獲物を求めて徘徊している。コロナウイルスのパンデミックは、経済の複数のセクターに障害をもたらした。航空会社、ホテル、カジノ、クルーズは傷ついている。バフェットは、有償で救いの手を差し伸べることができる。

ウォーレンバフェットは「象サイズの買収」を狙って

困窮した企業への支援の拡大に加えて、オマハのオラクルは、単に介入して事業を引き継ぐことができる。バフェットは株主宛ての手紙で、彼とバークシャーハサウェイの幹部であるチャーリー・マンガー氏が「バークシャーが恒久的に所有する事業」を物色していると書いている。彼は彼らが「象のサイズの買収」を探していると付け加えた。

株主への別の手紙で、バフェット氏はビジネスにおいて目を付ける基準を以下に列挙している:

・確かな経営陣
・魅力的な収益
・強いアップサイドポテンシャル
・リーズナブルな購入価格

バフェットは1986年以来、これらの重要な資質を持つ企業を探しつづけてきた。

コロナウイルスのパンデミックがキャッシュフローと収益を圧迫しているので、バフェットは費用効果の高い価格でごみを拾っている。

バフェット氏は1,280億ドルの現金準備を持っており、象規模の買収などを行うことができます。 今後数か月の彼の動きは、潜在的にジェフ・ベゾス氏を王位から外し、世界で最も裕福な男の称号を取り戻すための素晴らしい立場に置くかもしれない。

 
出典:Warren Buffett May Become World’s Richest Man – He Just Needed Another Crisis
https://www.ccn.com/warren-buffett-may-become-worlds-richest-man-he-just-needed-another-crisis/

タイトルとURLをコピーしました