さらに投資家が半減期に先んじてビットコインを保有しているとデータが示唆

ビットコイン(BTC)
この記事は約3分で読めます。

投資家は来月の半減期に備え、ビットコインを保有している可能性がある。

ブロックチェーンインテリジェンス会社Glassnodeのデータによると、エクスチェンジアドレスに保持されているビットコインの7日間の取引移動量の平均が、4月14日に2,214,365(昨年6月以来の最低レベル)に減少した。

14日の時点で、平均は2020年1月17日に記録した最高値2,404,786から約8%減少した。

Glassnodeによると、取引移動の減少は、長期保有戦略へのシフトを示唆しているという。

投資家は通常、価格が上昇すると予想されるときには、自分のウォレットに保持するために取引所からコインを引き出すためだ。逆に、彼らは値下げが予想されるとき、または価格暴落の際に売りに備えて残高を取引所に移動する傾向がある。

たとえば、ビットコインの価格は3月15日までの7日間で33%低下しました。当時、取引所に保持されているコインの7日間平均は、3月11日の2,333,279から3月18日の2,350,795に上昇している。

しかし、その上昇は短命であり、取引量の低下は3月19日から再開した。

保有レベルの上昇は、ビットコインのマイニングの報酬が半減し、残り僅か27日で実施される予定であるというファンダメンタルに関連している可能性がある。インフレの抑制を目的としたこのプロセスでは、マイニングされたブロックごとの報酬が12.5BTCから6.25BTCに減少する。

基本的に、マイナーは半減期後にエコシステムに追加するコインを少なくする。一部のアナリストは、それが供給赤字を生み出し、価格を押し上げるだろうと考えている。

一方、暗号通貨プラットフォームLunoのウィークリー市場レポートに記載されているように、一部のフローtoフローモデルは、ビットコインが半減期を迎えると100,000ドルになる可能性があると示している。

さらに、コロナウイルスによって引き起こされた世界的な景気後退と、連邦準備制度および米国政府によってそれぞれ開始された前例のない金融および財政刺激策は、安全な避難所資産およびインフレに対するヘッジとしてのビットコインの魅力を後押しすると広く期待されている。

しかし、一部の観測筋は、ビットコインの半減を取り巻く強気のストーリーについて懐疑的である。「2020年5月にビットコインが半減しても、価格に影響はありません。イベントなど無い。」これを12月にツイートしたのは、デジタルアセットファンドの共同創設者であるモーガンクリークデジタルのジェイソンウィリアムズ氏だ。

一方、仮想通貨はこれまでのところ安全な資産として機能することができておらず、株式市場とほぼ一致している。

ビットコインは先月3回失敗し、100MAの移動平均を上回っている。現在7,060ドル付近を推移している。度重なる上昇の失敗は、購入者の疲労を示唆している。

これは、日足チャートで見られる上昇しているウェッジの内訳と相まって、最近の取引範囲6,600~7,200ドルの下振れの可能性を示唆している。14日に議論されたように、範囲内訳は、確認されれば、6,100ドルへの扉を開くだろう。

「ビットコインは、3月中旬の安値から50%以上の上昇を享受しています。 NEMベンチャーのペレカノス氏は、現在、強気筋は短期的には同程度かそれ以上のペースで上昇を維持する必要があります。そうしないと、深刻な状況へ後退する可能性があります。50%の売りにつながる可能性のあるとすれば、3,000ドルという低価格に追いやられるだろう。」

タイトルとURLをコピーしました