パンテラキャピタルのCEO、来年8月までにビットコインが115,000ドルでピークを迎える

未分類
この記事は約3分で読めます。

米国の仮想通貨ヘッジファンド、パンテラ・キャピタルのダン・モアヘッドCEOは、50%の確率でビットコイン(BTC)の価格が2021年の8月までに115,000ドルに達すると予想している。

モアヘッド氏は最近の投資家へのお知らせに、「ビットコインの新規供給が半分になれば(5月12日に半減期を予定)、他の条件がすべて同じであれば、価格は上がるはずだ」と語った。

同氏は、金、石油、プライベートエクイティの資金調達に対するビットコインの年初来のパフォーマンスを分析した。彼は、フィアット通貨が下落するにつれて、BTCが他の資産クラスに対して、半減後も利益を得続けると考えている。

モアヘッド氏は、供給不足の認識から、歴史的には半減期が強気の動きを後押ししていると指摘した。

「半減後の上昇は平均して446日間です。その半減からブル・サイクルのピークまでです。このサイクルでは、市場は実際には半減の514日前に下落しました。歴史が繰り返されるとすると、ビットコインは2021年8月にピークに達するでしょう。」と彼は説明し、予測の確立を「50-50以上のチャンス」と述べた。

2回目の半減期は、最初の3分の1だけ供給を減らしました。非常に興味深いことに、価格への影響はちょうど3分の1でした。

モアヘッド氏は2020年までのこの関係を推定して、次のように書いている:

供給の削減は2016年の40%にすぎません。この関係が成り立つ場合、それは約40%、価格への刺激を意味します—ビットコインは115,212ドルでピークに達します

パンテラキャピタルのCEOは、Covid-19関連の政府の刺激策(金融緩和など)により、紙幣の価値が低下し、金やBTCなどの他の固定量資産の価格が上昇すると指摘した。

モアヘッド氏はまた、投資家への別への知らせの中で、BTCが3月25日以降、金を上回り、32%以上の回復を示したと記した。その際「ゴールドは5,000年前から存在しているため、一夜でなくなることはありません。しかし、それは確かに賞味期限を過ぎています。」と彼は述べた。

彼は資産クラスとしての原油には難色を示した。価格が下落し、誰かにそれを引き取るために1バレル20ドルを支払わなければならないほど保管場所に困る事態が世界では起きた。

以前の不況は初期の成長が記録された「V字型」であったが、モアヘッド氏は、多くの企業が取り返しのつかないほど廃業するため、コロナが誘発した不況は「L字型」であると考えている。パンデミックの心理的影響は前例のないものであり、セクターは互いに機能が再開するまで待機となるだろう。

モアヘッド氏は、「これが暗号通貨の価格にとって非常にポジティブになることは避けられないことだ」と書いている。

Bitcoin to Peak at 5,000 by August Next Year, Says Pantera Capital CEO | News Bitcoin News
Pantera Capital chief executive officer Dan Morehead has predicted a 50% chance the price of bitcoin (BTC) will hit 5,000 by August next year. In a
タイトルとURLをコピーしました