BitMEXが日本からの仮想通貨取引を禁止により、新たな「Bybit」に注目が集まる

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)は、日本の居住者のアクセスを2020年5月1日から制限を開始した。既存ユーザーはその日を堺に日本からの取引が制限されている。

今回の対応は、日本で5月1日から施行される「仮想通貨関連改正法案」に対応するもの。

BitMEXは、多くの日本人の顧客を抱えた取引所であったが、日本市場で仮想通貨の発展を支えるために規制を整備した規制当局の方針を支持した上で、アクセスの制限を判断したと発表した。

今後、当局との協議を継続しつつ、進展がみられた場合は、改めてアナウンスを行うとしている。

規制の施行に先立ち、海外取引所が方針を示したのはBitMEXが初めての事例。金商法の施行を機に、日本人向けの国外取引所のサービス提供(特にデリバティブ取引か)についても、より厳しい対応が取られる前兆とも捉えることができる事例となりそうだ。

BitMEXに変わる取引所にBybit (バイビット)

BitMEXはレバレッジが100倍と高い。これが人気の理由のひとつでもあったが、今回の取引制限措置を受けて高レバレッジで取引することが出来なくなってしまった。

そんな中、新しくシンガポールに拠点を置く「Bybit(バイビット)」に注目が集まっている。BitMEXの後役として、今一番人気が高い仮想通貨取引所だ。BybitがTwitterでユーザーから大きな支持を得ており「早い内にそちらにシフトしよう」という声も上がっている。

Bybitのサイトでは今ならボーナスGETできるキャンペーン中だ。

どちらも日本語対応しているので、日本人ユーザーとしては利用しやすいのはもちろんだが、BybitもBitMEXと同様に追証機能がない

今なら最初の入金キャンペーンとして50ドル分のクーポンや、その他ツイッターのリツイートで特典が貰えるなど様々なキャンペーンを行っているので、一度サイトをチェックしてみてはいかがだろうか。
※PCまたはウェブ画面からのアクセスを推奨。
「Bybit(バイビット)」の公式サイトはこちら

口座開設は極めてカンタン。二段階認証のセキュリティの設定方法など、下記で詳しく解説している。

Bybitのカンタン口座開設方法はこちら

タイトルとURLをコピーしました