72%の確率で米株式市場の調整が待っている?

経済/社会
この記事は約3分で読めます。

米株式市場は現在の動きと過去に類似した市場のデータの72%によると、今回もクラッシュする可能性があるという。

市場のブル(強気派)は、ワクチンに関する肯定的なニュースと、連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長が米国経済を支えるために必要な対策を行うという約束を喜んでいた。

しかし、一部のアナリストは株式市場の売りが近づいていることを警戒している。

歴史は次は株式市場のスランプだと語る

ベア派の1人、サンディカル・キャピタル・リサーリのアナリスト、ジェイソン・げふぁーと(Jason Goepfert)氏は、市場が下がりチャンスが到来する良いチャンス(正確には72%)だと述べている。

これは、S&P500が50日の移動平均線と200日の移動平均の間で20日以上連続して掴まっているのはこれが過去30回目であることを指摘した。同じことが過去に起こった際には、インデックスはほぼ常に低くなっている。S&P 500がトレンドに反して200日の移動平均を上回ったとしても、通常、今後6か月で平均12.7%の下落することを示す。

これまでのような下落トレンドの市場で、200日の移動平均を下回る動きが長期化する事象が発生した場合には、大きな問題が発生しており、ほとんどの場合さらなる先行きの弱さを意味しています。

投資家間の不合理な取引

「今回は違う」と主張する人々に知ってほしい、投資家が取引に不合理になったことを示唆する証拠が山ほどあります。

おそらく最も顕著な兆候は、短期オプションのトレーダーが将来の市場の利益に大きな賭けをし始めているという事実だ。ゲファート氏は、これは今日の市場で最大の赤信号の1つだと述べている。

極端な感情に陥りがちなトレーダーのグループを見ると、警告のサインがはっきり出ている。私たちがフォローしているデータで、これほど心配されるものはありません。

短期オプショントレーダーが強いブルであるのは悪いサイン。(出典:ブルームバーグ)

リモートワーク・アプリケーションやeコマースなど、現在怒っている問題が、将来的に恩恵をもたらすとされている株は、指数関数的に株価が上昇している。

その間、コロナウイルスによって傷ついたものはまだ不十分だ。

株価は現在、ドナルド・トランプ氏と中国との貿易戦争が株式市場を牽引していた昨年の夏の頃まで戻って取引されている。しかし市場はパンデミックの逆風に直面しているだけでなく、中国との米国の関係は、当時よりもさらに不安定な立場にある。

政府の景気刺激策には迫り来る限りがある。失業給付には依然としてコロナウイルスによる追加の救済策が埋め込まれているが、これらの資金は7月に枯渇し、ロックダウンが米国労働者にどれほどひどい打撃を与えたかがさらに明らかになってくるだろう。

There’s a 72% Chance That We're Nearing a Major Stock Market Correction
The stock market's flimsy rally is going to come crashing down according to 72% of similar markets in the past.
タイトルとURLをコピーしました