分析会社Glassnode「市場の健全性の低下によりビットコインリスクは弱気に転じる」

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

分析会社、グラスノード(Glassnode)は、オンチェーン活動と全体的な市場の健全性が低下し続けると、ビットコイン(BTC)価格が弱気な領域に滑り込むリスクがあると警告している。

Glassnodeの最新データには、ビットコインネットワークの全体的な状態を測定するGNIインデックスが週に18%または13ポイント低下し、60ポイントの値に低下したことを示している。同時に、BTCの価格は心理的な9,000ドルレベルを下回り、約8,700ドルに落ちた。

インデックスは、ネットワークの健全性、感情、流動性などの指標を考慮して、ビットコインのファンダメンタルズの強さを判断する。レポートによると、3つすべての測定値が8ポイントから20ポイント減少し、GNIが低下した。

BTCネットワークの長期的な健全性は「比較的高い」ままであると語ったが、全体的なネットワーク活動、取引所への流入、およびチェーン上の取引量の減少がビットコインの価格の下落の一因となっている。

「これは、BTCの価格に関連する経済活動の全体的な減少と、HODLER(長期保有者)の蓄積行動の鈍化に牽引されている。ホドラーがまだ蓄積している間、彼らがそうしている率は低下している」とグラスノードは述べた。

Markets.bitcoin.comのデータによると、ビットコインはプレスタイムに8,700ドル~8925ドルの価格で取引されており、過去24時間で1.7%減少し、過去7日間で10%に近づいている。個人の関心が鈍化し始めたため、ビットコインは2週間前に半減期イベントで盛り上がったピーク時の10,000ドルを付けた後から下落している。

3回目のビットコインの半減期により、マイニング会社の収益は大幅に削減され、高額の取引手数料をもたらした。

Glassnodeはこう述べている。

ビットコインが強気に転じるまでに数か月、そして価格が1桁以上上昇するまでに1年以上かかる可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました