英国政府、危機乗り越えるため、休眠銀行口座から資産を没収

経済/社会
この記事は約2分で読めます。

政府、休止口座から資金を解放

英国政府は先週、「コロナウイルスの発生中に慈善団体、社会的企業、および脆弱な個人を支援するために、休眠中の銀行口座および住宅組合から、1億5000万ポンド(約200億円)の凍結を解除する。」と発表した。

文化長官のオリバー・ダウデン氏は、「これには、休眠状態のアカウントからの7,100万ポンドの資金の解放を進めることと、慈善団体のコロナウイルスの反応と回復を助けるために解放された7,900万ポンドの資金が含まれている。」と詳述した。

英国政府が昨年4月に発表した「休眠資産計画:拡大の青写真」の報告によると、英国の銀行は2008年現在の休眠口座とビルディング・ソサエティー。アカウント法の対象となる預金または当座預金において、総額1.3兆ポンドを超える顧客の資金を保有しているそうだ。

30の銀行が休眠状態の資金を自主的に政府に送金

現在、主要なバークレイズ、ロイズバンク、HSBC、サンタンデールなど、すべての市中銀行を含む30社がこの策に参加している。

これらの銀行は、「15年間非アクティブな口座から自発的に資金をこのスキームに振り込んでおり、これまでに6億ポンド以上が正当な理由で分配されてきた。」とダウデン氏は述べている。

政府は現在、休眠資産スキームを拡張して、保険と年金、投資と資産管理、および証券セクターからの幅広い金融資産を含めることについてコンサルティングを行っています。

政府によると、彼らの休眠状態にあった資金が救済措置に使われたとしても、消費者は今はまだ、その資金の返金を求めることが出来る。 Financial Conduct Authority(FCA)によって規制されているエンティティであるReclaim Fund Ltd.は、あらゆる請求をカバーするのに十分なお金を保持しているはずだ。

承認された場合、保険契約と年金は7年後に、現金資産は6年後に、非現金資産、株式および株式は12年後に押収される可能性がある。

英国政府は、「この拡張により、数十億ポンドをこの救済計画にもたらす可能性がある」と期待を寄せている。

UK Government Seizes 5 Million From Dormant Bank Accounts for Crisis Relief | News Bitcoin News
The UK government is seizing funds in dormant bank accounts worth approximately 5 million to fund its coronavirus relief efforts. So far, 30 banks have been ...
タイトルとURLをコピーしました