マイニングアプリ「PocketHash」出金できないまま、ユーザー不安の声

ビットコイン(BTC)
この記事は約4分で読めます。

ポケットハッシュとは?

ポケットハッシュ(PocketHash)は集団でマイニングを行う「クラウドマイニング」サービスをスマホアプリで提供している。2020年1月25日から日本でだけ登録がスタートし、今後はヨーロッパにも進出する計画があるとしている。

比較的新しいクラウドマイニングだが、スタート時には多額のキャンペーン報酬を謳い、登録者は1万人以上になった。稼げるとの話題もチラホラ見られたせいか、ツイッターの一部で盛り上がりを見せていた。

しかし、オープン以降は緊急メンテナンスを連発し、ユーザーの肝を冷やしている。

運営会社について

ポケットハッシュの運営会社はPOCKETHASH Ltd,だ。どんな企業なのか気になってPOCKETHASH Ltd,について調べてみたが、新規アカウント登録が出来る携帯サイトのみで、ホームページは見つけられなかった。Mediumにあげられているブログは見つけることができた。運営母体が不明なのはいかがなものか。

PocketHash official Blog

ただ、コインテレグラフのプレスリリースには、「人工知能の開発やASICの開発などを行い事業の拡大を行い、アメリカ大手銀行からの出資と中国への進出をきっかけにマイニング事業を開始した」ということだけ書かれていた。大手銀行などの具体的な名称はなく、今のところ企業の実態は見えてこない。

メンテナンス以降、出金停止の状態に

5月12日~18日に緊急メンテナンスを再度発表、出金などもすべてが停止された。

PocketHashの頻発する緊急メンテナンス

その後は、暫くアクセスしていないとアカウントが勝手に凍結されるなどの無謀なサービスが繰り返されている。

さらに、なんとビットコイン(BTC)が出金できないトラブルも発生。本日6月22日現在もまだユーザーはBTCが出金できないという悲惨な状況にある。

この事態を不安に思ったユーザーがサポートに連絡するも返信が来ない状況が続いているそうで、もしかすると運営サイドはこのまま音信不通になってしまう可能性もあると見られている。

経験上、投資したものが「短期で」何倍にも返ってくるような美味しい話は詐欺であったり、そうでなくても多額のリターンや原資を短期に回収できる話には大きなリスクが伴う。投機は慎重に行いたいものである。

タイトルとURLをコピーしました