ニュージーランドの警察、ロシアのビットコイン取引所から9100万ドルを押収

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

ニュージーランド警察は、ロシアのビットコイン取引所の運営者アレクサンダー・ヴィニック氏から1億4,000万ドル(約98億円)を没収した。

ヴィニック氏は、腐敗したビットコイン取引所の所有者と見られている。資金は、取引所を管理するニュージーランド登録企業であるCanton Business Corporationが保有する銀行口座から差し押さえられた。

警察は22日にそれが歴史上、最大の押収であると述べた。 ヴィニック氏は、プラットフォームを通じて犯罪組織のために数十億ドルを洗浄したとして米国の検察官によって告発された。彼は容疑を否認している。

彼は米国での引き渡し命令により、家族と一緒に休暇中に2017年にギリシャで逮捕された。ヴィニック氏は後にフランスに引き渡され、刑務所に留めおかれた。

ニュージーランド警察長官のアンドリュー・カーター氏は、押収された資金は「サイバー犯罪と組織犯罪の結果として世界中で数十万人ではないにしても、数千人の犠牲になった利益を反映している可能性が高い」と述べた。

カーター氏は、BTC-e取引所はマネーロンダリング防止策や政策なしに機能し、犯罪者が証券取引所を通じて不正資金をロンダリングできるようになったと主張した。

また、ニュージーランド警察は米国内国歳入庁(IRS)と緊密に協力して「この非常に深刻な問題に対処している」と付け加えた。警察は、押収した資金を没収するために高等裁判所への申請を計画している。

現在フランスでヴィニック氏はマネーロンダリングの悪化、強要、陰謀、データ操作の罪に問われている。彼の訴訟がフランスで終結したとき、彼はギリシャに送られ、それからアメリカに送られ、その後ロシアに移送されることが予定されている。

タイトルとURLをコピーしました