Grassnode調べ、現在83%のビットコインアドレスがプラスの状態

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

Glassnodeによると、既存のビットコインアドレスの少なくとも83%が現在、利益がプラス状態にあるという。

現在、ビットコイン価格は「ブラックサーズデー」として知られる3月12日の急激な下落から43%回復した。その際には、BTCアドレスの45%だけが利益を上げており、2020年の最低値であった。

新しいデータによると、ビットコインの価格が10,400ドルを超えた6月1日時点の、今年のアドレスの利益最高比率は89%に達し、直近4か月で最高のレベルであるという。

ただし、ビットコインへ投資している者たちは、1年前に比べると収益性が高くはない。 BTCの価格が2019年のピーク時で約13,900ドルに達した際には、アドレスの増加が95%に急上昇した。

最新のGlassnodeの調べでは、ビットコインがまだ「買われすぎていない」ことを示しているため、待望の強気ブレイクアウトの前兆となる可能性がある。

Chainalysisはまた、ビットコイン投資家の大多数が長期間にわたってコインを保持していることを示す新しい分析を発表した。これは、利食いがまだ発生する可能性はあっても、売却する意思はそれほど強くないことを示唆している。

仮想通貨分析会社は、マイニングされた1,860万BTCの60%以上が長期投資のために保有「HODL」されているが、世界中の取引所で活発に取引されているビットコインは19%または350万BTCに過ぎないという興味深い結果を出している。

5月11日、ブロック報酬の半減期を迎えて以来、ビットコインは10,000ドルを突破しようと何度か試みたものの、ブレイクアウトは持続せず、強く抑え込まれている。トレーダーは強気な上昇の主要なレベルのラインを「10,000ドル:と考えている。

83% of Bitcoin Addresses Currently Profitable, Says Glassnode | Bitcoin News
At least 83% of existing Bitcoin addresses are currently in a state of profit, according to Glassnode. That's a 43% increase since bitcoin's precipitous
タイトルとURLをコピーしました