XRPはまもなく悪質なグループにより4.85億XRPの売り圧力に直面する可能性がある

アルトコイン
この記事は約2分で読めます。

XRPはこの数年間、勢いを取り戻すのに苦労しており、2019年と2020年を通じて同業他社の多くが上昇しているにもかかわらず、その下降トレンドを逆転させることができないことは周知の事実だ。 

チェーン上のデータは、1つの悪名高い詐欺グループが現在4億8500万XRPを保持していることを示しているため、その弱点はまだ消えたとは言えない。

2019年、驚異的な仮想通貨量を保持し注目を集めた史上最大の仮想通貨出資金詐欺と言われるプラストークンの資金がウォレット間で再び動き出している。これにより大規模な売却を行う可能性が差し迫っていると見られている。

チェーン上のデータは、合計4億8500万のトークンを保持していることを示しているため、もし売却されればXRPに特に影響を与える可能性がある。市場に投入された場合、これはさらなる大規模な売りを促進するだろう。

PlusTokenの復活:消えたポンジスキーム集団が帰ってきた

数か月に渡って活動を停止した後、プラストークン詐欺スキームのリーダーは現在、保有している仮想通貨を再び動かし始めている。

最近のデータによると、このグループは過去数日間で約535億円近くの仮想通貨を移動しさせた。

DTCキャピタルの責任者であるスペンサー・ヌーン氏は、プラストークンからの最新のトランザクションを観察しこのように述べた。

今週、以下のPlusTokenファンドが取引所と新しいアドレスへの移行に向けて動いています。– 22万BTC、78.9万ETH、2600万EOS、および2000万XRP。大きな問題:仮想通貨市場はこの量を吸収できるのか、それとも下落するのか?

XRPがPlusTokenによって重大な影響を受ける可能性がある理由

現時点では、詐欺師は約4億円相当のXRPを販売する準備をしているようだが、これは現在の流動性の欠如と停滞した価格動向が原因である可能性がある。

とはいえ、データによると、グループは合計4億8,500万XRPを保有しており、これらのトークンは、仮想通貨の価格が勢いを増し始めた際には2番目に売却される可能性があるという。

xrplorerの創設者であるThomasSilkjær氏は、最近の投稿でこれについて次のように述べている。

注意:もしプラストークンの4億8,500万XRPが実際に悪役の手中にある際には取引所へ送られる比率が高まっています。
–今週だけで、1億XRP近くが[HBTC]に送信されました。

XRP May Soon Face a 485M Sell Wall Due to This One Nefarious Group
PlusToken's selling patterns may prove to be particularly impactful to XRP, as data shows that the nefarious actors hold a total of 485 million tokens.
タイトルとURLをコピーしました