マックス・カイザー曰く「ジム・ロジャース、ピーター・シフはビットコインに”オールイン”する」

ビットコイン(BTC)
この記事は約3分で読めます。

マックス・カイザーは、ジム・ロジャース、マーク・キューバン、ピーター・シフのようなビットコイン反対者たちがビットコインを理解した時、ビットコインにオールインして多額の投資をすると主張している。

彼はこれが事実であることを保証し、ビットコインの価格が40万ドルに達すると予測した。

マックス・カイザー氏とビットコインを強く反対する者たち

人気テレビ番組のパーソナリティであるマックス・カイザー(Max Keizer)氏は、ビットコインの懐疑論者が最終的にそれを理解したときに、ビットコインに大いに取り組むと確信している。

メディアチャンネルRTで放送される金融番組である「カイザー・リポート」の主催者であるカイザー氏は最近、3人のビットコイン反論者を話題にあげた。

彼は金曜日にこうツイートした。

ピーター・シフ、ジム・ロジャース、マーク・キューバン、その他のプレコイナーは、巨大なうっ積したビットコイン購入需要を象徴しています。彼らが最終的にそれを理解したら、彼らは巨大な買いでオールインします。私はこれが事実であることを100%保証します。

有名な投資家、ジム・ロジャース氏が先週、政府は暗号通貨を促進させないため、ビットコインの価値はゼロになると考えていると発言、これを受けてカイザー氏は彼について述べた。

ピーター・シフと同様に、ジム・ロジャースにビットコインが1ドル、10ドル、100ドルだった時、購入するように教えた。だけど、かの”伝説の投資家”はつい先日の馬鹿げた無知の発言が証明するように、決して真剣に捉えなかった。

カイザー氏のコメントは、ゴールド信者のピーター・シフ氏を悩ませた。この2人はビットコインについて、常から激しい議論を交わすことが多い。

彼の最愛のゴールドは「本当の価値」があるのとは異なり、「ビットコインは信用からも価値が生まれるため、フィアットである。」と述べている。

ピーター・シフがいつ、BTCをパニック買いするか(左)、そしてカイザー氏がいつBTCを売却するか(右)についてそれぞれが投票を行っている。

「ピーターシフがビットコイン購入まで待つ時間が長いほど、パニック買いが大きくなります。私の推測では、50,000ドルが彼を誘発する。」とカイザー氏は述べている。

しかしシフ氏は、「この投票は不正解である。どの選択肢も正しくなく、ビットコインをパニック買いするほと高値にはなりません。」と反論している。

ダラス・マーベリック氏は完全反対派から方向転換

別の億万長者投資家、全米バスケットボール協会のダラス・マーベリックスの所有者であるマーク・キューバン氏は、ビットコインの見方をわずかに変えてきた。

昨年10月、キューバン氏はビットコインよりもバナナが欲しいと述べ、「暗号通貨には本質的な価値がない」と信じていた。

しかし、彼は4月のポッドキャストでモルガン・クリーク・デジタルの共同設立者であるアンソニー・ポンピリアーノ氏に、ビットコインを使いやすく、フィアット通貨に変換する必要なく使用できる場合はサポートすると語った。

一方で、ビットコインを利用する機関投資家が増えている。

最近の調査で、フィデリティは、米国およびヨーロッパの機関投資家の大半が、暗号通貨がポートフォリオに位置づけられていると発見した。さらに、億万長者のヘッジファンドマネージャーであるポール・チューダー・ジョーンズは最近、資産の2%がビットコインにあることを明らかにしている。

タイトルとURLをコピーしました