2020年に動いたのはたった27%のビットコインのみ、なぜこれが重要なのか?

ビットコイン(BTC)
ビットコインHODLの図。一番下のオレンジ色が12か月以内に移動している割合。
この記事は約3分で読めます。

ビットコイン価格の進行中である横ばいの動きは、今後の中期的な見通しに対する少しのヒントを与えてくれているようだ。

新しいデータによると、2020年のビットコイン全体では限られた数の市場参加者によって動かされていることを示している。これは、ビットコイン価格がこの6週間にわたって9,000ドルから10,000ドルのレンジに収まっていた理由を解読してくれるかもしれない。

ある分析会社によると、2020年にBTC供給量(circulating supply)の27%のみが移動したとされている。これは、残りの73%が休止状態にあり、マージン、先物、オプションを利用するアクティブなトレーダーがそのボラティリティのすべての原因である可能性が高いことを意味する。

これはデータが示すように、仮想通貨ベンチマークの基本的な健全性が成長し始めており、数週間および数か月先にさらに上向きになるためのゲートを開く可能性があることを示している。

オンとオフチェーンのデータが強気の兆候を点灯させるにつれ、ビットコインの根底にある健全性が成長する

ビットコインの数週間にわたる横ばいの動きは投資家の心理に不安を与え、多くの人がビットコインは新たな下降トレンドを開始すると予測している。

現在考えられている10,500ドルのトリプルトップ(三尊)、 10,000ドルで跳ね返りの連続、確立された低値など、下落を危惧する要素が揃っている。

この横ばい期間を通じてビットコインが根本的な健全性を増していることを示す1つの指標があり、次の動きが買い手に有利になる可能性があることを示唆している。

Glassnodeの指標は、ビットコインが過去数か月にわたってゆっくりと強気の領域に移行していることを示している。

5週連続で、指標はレジーム1に入っており、市場とチェーン活動の強気な状態を表しています。 GNIとビットコインの価格動向は、どちらも前週からわずかに低下しましたが、依然としてグリーンゾーンにしっかりと留まっています。

と、彼らは下のグラフを指しながら説明した。

分析会社Glassnodeのコンパス(指標)

彼らはさらに、グリーンゾーン内でのビットコインの安定したポジションは、中期的な見通しの良い兆候であると説明を続けた。

この継続的な安定性は、オンチェーンとオフチェーンの両方で、BTCにとって良い兆候です…この強気の感情は必ずしもBTCの価格の即時の利益につながるとは限りませんが、長期的な見通しは楽観的です。

市場参加者の小さなグループによって動かされているBTC価格

Glassnodeの別のデータによると、2020年に移動したのはビットコインの供給量の27%だけで残りは休止状態のままだ。

活発な取引として移動しているのはおそらくこの27%のほんの一部であるため、市場は現在、少数の市場参加者によって動かされていることを意味する。

GlassnodeのCTOであるRafael Schiltze-Kraft氏が最近のツイートでこれについて話している。

2020年には#Bitcoinの供給量の27%だけが移動しました。そうです、存在するすべてのビットコインの73%が2019年以前から休止しています。

ビットコインHODLの図。一番下のオレンジ色が12か月以内に移動している割合。

Only 27% of Circulating Bitcoin has Moved in 2020; Why This Matters
According to one analytics firm, only 27% of Bitcoin's circulating supply has moved in 2020. This means that the remaining 73% has remained dormant.
タイトルとURLをコピーしました